Apple Musicが独自のアーティスト・
バイオグラフィを公開

Apple Musicが音楽の作り手であるアーティストにスポットライトを当てる、アーティスト・バイオグラフィを公開した。

各アーティスト・ページに移動して、トップ・ソング、アルバム、MV、プレイリストと、カテゴリーごとの作品紹介の終わりまでスクロール・ダウンすると、Apple Music独自の視点で語られたオリジナル・ストーリーを読むことができる。活動の経歴や代表作についてはもちろん、アーティストや作品についての理解を深めるために役立つ、多岐にわたるエピソードを添えて紹介している。アーティスト本人がApple Musicだけに語った貴重な発言の数々なども盛り込まれているという。
下記はKing Gnuのアーティスト・バイオグラフィの一部抜粋。全文はApple Music上で公開されている。

King Gnuは、ジャンルを自在に横断する現代的なミクスチャーサウンドと大衆性を共存させた4人組バンドだ。

東京藝術大学でチェロを専攻していたバックグラウンドを持ち、前身バンド、Srv.Vinciではエレクトロニカやビートミュージックに触発された先鋭的な音楽性を追求してきた常田大希(G/Vo)が一転して、J-Popを強く指向。彼の下に集った同郷の後輩である井口理(Vo/Key)、セッションの現場たたき上げの新井和輝(B)と勢喜遊(Dr/Sampler)と共に、バンド名をKing Gnuと改名し、2017年にアルバム『Tokyo Rendez-Vous』をリリースした。

「メンバーみんな、ドラムに対して、ベースに対して口を出すし、もちろんギター、鍵盤に対しても、歌に対してもそう。そうしたアイデアが絡まり合って、楽曲のスパイスになっているのかなって」。東京のカオス感覚を投影したそのサウンドは、ロックやソウル、ヒップホップ、ジャズ、クラシックや現代音楽などの要素が混在しているが、新井和輝はバンドの揺るぎない根幹についてApple Musicにこう語っている。「曲によりけりですけど、King Gnuはメロディという柱が大前提にあるので、それが強ければ強いほど、僕らは遊べるんです」(続く)
Apple Musicは、アーティスト・バイオグラフィの公開に合わせ、特集ページ「アーティスト・バイオグラフィ」を公開。特集ページでは、J-Pop、J-ロック、歌謡曲、K-Pop、アニメ、J-ヒップホップ、ポップ、ヒップホップ/ラップ、R&B/ソウル、ダンス/エレクトロニック、オルタナティブ、ロック、レゲエの13の音楽ジャンルに分かれている。前述のKing Gnuのほか、あいみょんOfficial髭男dismVaundy山口百恵BTSLiSAAwichEd Sheeran、kanye West、The WeekndAviciiBillie Eilish、Oasisなど、様々なアーティストのストーリーを一挙に楽しめる内容になっている。

■ 特集ページ 「アーティスト・バイオグラフィ」(https://apple.co/3k5FayY)

■ Apple Music オフィシャル・サイト(http://apple.com/jp/apple-music)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着