「劇場版 SAO プログレッシブ」公開中 キリト役・松岡禎丞さんの取材を振り返り!

「劇場版 SAO プログレッシブ」公開中 キリト役・松岡禎丞さんの取材を振り返り!

【取材後記:松岡禎丞編】「SAO」が
ますます盛り上がる今こそ語りたい、
松岡禎丞さんの真っすぐな人柄

「劇場版 SAO プログレッシブ」公開中 キリト役・松岡禎丞さんの取材を振り返り!(c)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project 10月30日に公開された「劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリア」。国内映画ランキングで初登場1位を獲得し、11月13日からは3週目来場者特典として原作者・川原礫氏の書き下ろし小説「その次の日」の配布がスタート。早くも次回作「劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 冥(くら)き夕闇のスケルツォ」が2022年に公開されることも発表され、「SAO」シリーズはさらなる盛り上がりを見せています。
 これをうけて、メインキャラクターのキリトを演じる松岡禎丞さんの過去のインタビューを振り返る「取材後記:松岡禎丞編」を掲載。インタビューでは常に“全力全開”で真っすぐに語ってくださる松岡さん。「SAO」シリーズはもちろん、他の出演作まで、インタビューの裏側や印象的だった場面を、過去のコメントとともに存分に紹介します。
松岡禎丞さん&茅野愛衣さんの信頼の深さがうかがえた
「SAO アリシゼーション WoU」インタビュー
(c) 2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project 松岡さんといえば、女性キャラクターに囲まれる男性主人公=ハーレム作品への出演が多く、なかでも共演が多いといわれているのが茅野愛衣さん。「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」最終章(2ndクール)では、そんな2人のインタビューが実現しました。
▽「SAO アリシゼーション WoU」インタビューはこちら
https://anime.eiga.com/news/111496/
 共演が多い2人だからなのか、茅野さんが“マイナスイオンあふれ出てる級”に癒し系の雰囲気をまとっているせいなのか、取材は終始ホッコリ穏やかな空気。そんななか、ふとした瞬間に垣間見えたのは松岡さんの真っすぐな人柄と、茅野さんの優しい気遣い。ひとつひとつの質問に全力で向き合う松岡さんが、とある質問で熟考すると、茅野さんが絶妙なタイミングで声をかけ、会話のキャッチボールをしながら話を広げる一幕が。全ての質問に真摯に対応する松岡さんも、その空気を壊さずに会話を盛り上げる茅野さんも、どちらも素敵すぎる! そういえばインタビューで「お互いの最強だと思うところ」を聞いた際に、松岡さんは「茅野さんの持っているものって、他の人ではなかなか出せないんですよね。空気感といいますか、声色に嘘がないやさしさがある」と話していました。
 インタビューの後半はお互いの印象を語り合っていただき、「すごく照れくさい取材ですね(笑)」と笑っていた茅野さん。最後に松岡さんも一言「ここに信長がいたら、さらに照れくさいことになってたと思う(笑)」とこぼし、しっかりユージオ(島崎信長さん)の話題が出てきたのも嬉しい瞬間でした。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着