前作の吹替えキャストが続投

前作の吹替えキャストが続投

「アダムス・ファミリー2」日本語吹
替版は杏、生瀬勝久、二階堂ふみ、堀
江瞬、京田尚子、大塚明夫らが続投

前作の吹替えキャストが続投(c)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved. 人気シリーズ「アダムス・ファミリー」の劇場版アニメ第2弾「アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!」の日本語吹替版キャストに、杏、生瀬勝久、二階堂ふみ、堀江瞬、お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次、京田尚子、大塚明夫が続投されることがわかった。
 本作は10月1日に全米で公開されると初登場2位を記録し、「アダムス・ファミリー」シリーズの根強い人気を証明した。続編となる今作では、思春期を迎えたウェンズデーの成長と、彼女を見守り、困難には全力で立ち向かう家族の愛が描かれる。
 思春期を迎えて家族の食卓に顔を見せない長女ウェンズデーを心配したゴメズは、家族の絆を深めようとドライブ旅行を計画。妻のモーティシア、ウェンズデー、パグズリー、フェスターおじさん、執事のラーチ、ハンドとペットのキティを連れてキャンピングカーで観光名所をめぐる旅に出る。
 前作に引き続きメガホンをとったのは、「きかんしゃトーマス」シリーズのグレッグ・ティアナン監督と、「シュレック2」「マダガスカル3」のコンラッド・バーノン監督。劇中には、ナイアガラの滝、マイアミビーチ、グランドキャニオンなど、アメリカ有数の観光名所が登場する。
 日本語吹替版では、アダムス家のママ・モーティシア役を杏、パパ・ゴメズ役を生瀬、姉・ウェンズデー役を二階堂、弟・パグズリー役を堀江が演じるほか、フェスターおじさん役を秋山、バァバ役を京田、執事ラーチ役を大塚が担当。今作でも息の合った掛け合いを見せる。
 杏は、「前作から丸一年経ち、また同じキャストで一緒に作れるのはすごく嬉しかったです」と喜びのコメント。ウェンズデー役の二階堂は、「前作では知り得なかった、ウェンズデーの好奇心旺盛なところや、悩みだったり、思春期特有の心の変化や戸惑う表情が垣間見れて、新たな一面をたくさん知ることができました」と語っている。あわせて披露された写真には、杏、生瀬、二階堂、秋山がキャラクターをイメージした衣装に身を包んだ姿が収められている。
 「アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!」は、2022年1月にTOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほかで全国公開。日本語吹替版の声優陣のコメント全文は、以下の通り。
【杏/モーティシア役】
前作から丸一年経ち、また同じキャストで一緒に作れるのはすごく嬉しかったです。
モーティシアは、子供たちに何かしてあげたい父親のゴメズに対して、何もせず優しく見守ることができる女性ですので、ディレクションをしながら一つ一つの言葉を丁寧に演じました。
一見すると、はちゃめちゃで子供向け作品に思えますが、往年のポップミュージックだったり名作映画の小ネタが満載ですので、大人の方も楽しめます。
ぜひ劇場でご覧ください。
【生瀬勝久/ゴメズ役】
どんな作品でも続編をやりたいとは思っていても実現ができる機会は少ないので、今回、続編を聞いたときは驚きました。
前作からそんなに日が経っていなかったので、スッと気持ちも入れることができ、ゴメズを演じられたと思います。
今作では思春期の子供の悩みや、その子供との関係性に悩む親の立場など、どの家族でも一度は通る内容が前作よりも多く描かれていて、どの世代でも身近に感じられると思います。ぜひみなさん劇場でご覧ください。
【二階堂ふみ/ウェンズデー役】
素敵な家族がまたスクリーンに帰ってきました。
今作は、前作では知り得なかった、ウェンズデーの好奇心旺盛なところや、悩みだったり、思春期特有の心の変化や戸惑う表情が垣間見れて、新たな一面をたくさん知ることができました。
アダムス家はもちろん、新たなキャラクター達の多様性も楽しんで頂けると思いますので、いろいろな世代の方に観ていただけたら嬉しいです。
【堀江瞬/パグズリー役】
パグズリー役で再び関わらせて頂けることになりました!
さてさて今回はどんな感じか...と台本を開いた直後から「やっぱりアダムスファミリーだ!」と高速で頷いてしまうくらいの“帰ってきた”感、演者として、ただただそこに参加出来るのが至福の喜びであります。
相も変わらずパグズリーは暴れ回っていますが、今回はちょっぴりロマンスなんかもあったり。息子を見守る気持ちで演じました(笑)。是非、宜しくお願いします。
【秋山竜次/フェスターおじさん役】
世界的に有名な家族「アダムス・ファミリー」にまたフェスターとして呼ばれて嬉しいです。
しかも今回フェスターおじさんが出るシーンがとても多いんです。アフレコめちゃめちゃ頑張りました。
でも僕が演じてるってお客さんは気付きますかね? フェスターおじさんにとあることが起きて、途中から言葉じゃなくて息遣いとかの擬音ばかりだったんですよ。
フェスターファンの人はもちろん、みなさん劇場で確かめてください!
【京田尚子/バァバ役】
ファミリーに再び会えて、とても嬉しいです。
忖度だの、空気を読めだのと、かしましい世の中で、傍若無人に振る舞うキャラクターたち。ここまでやるか―と、爽やかな感じにすらなります。
クルクル変わる表情、早いテンポ、激しい息遣い、ずるくて、可愛くて、アッケラカンとして、憎めないこの老婆...。
もう102歳になるというバァバに追いつくのは大変でした。この作品が、ウジウジと暗い世相を吹き飛ばしてくれる事でしょう。
【大塚明夫/ラーチ役】
今回は全編に渡って、良いところでラーチが出てきて活躍するので、演じていて大変楽しかったです。
ラーチは、ほとんどしゃべらなくて、多分、複雑なことを考えることはできないかもしれませんが、複雑な感情は持っていて、それを上手く表に発露しない分、もの悲しくて、人々をキュンとさせるキャラクターではないでしょうか。
その辺りを、前作よりもさらに表現することができたと思います。ぜひ楽しみにしていてください。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着