北村匠海にとって読書は「日常の一部
」 角川文庫冬のフェア『カドフェス
ザ・ベスト2021』イメージキャラク
ターに決定

11月25日(木)から全国の書店で開催される角川文庫のフェア『カドフェス ザ・ベスト2021』のイメージキャラクターを、北村匠海が務めることがわかった。
北村は、2022年公開の映画『とんび』に出演。『とんび』は、重松清氏の同名小説を初映画化するもの。事故で妻を失った主人公・ヤスが、息子との関係をはじめとした様々な出来事と向かい合う姿を描いた作品だ。主人公で、破天荒な父・ヤス役で阿部寛、ヤスの息子・アキラ役で北村匠海が出演。そのほか、薬師丸ひろ子、杏、安田 顕、大島優子、麻生久美子らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『護られなかった者たちへ』などの瀬々敬久監督。
「大切な人と過ごす日常に、本がある」をコピーとした同フェアと映画のテーマが合致することから、北村がイメージキャラクターに就任。フェアのメインビジュアルも公開されている。
北村のコメントが以下のとおり。
北村匠海
僕にとって読書は、普段台本を読むことも多く、一年を通して活字を追っているので、自分の中でも日常の一部と化しています。
本を読んで一人だけの脳みそにならない感覚、色んな人間の感性みたいなものを覗けるので、特に俳優業をしていると様々なことに活きてくるんです。
何より読むことが好きっていうのが一番大きいです。本を読んで変わった価値観も沢山あるので、読書はとても大切なものです。
大切な人や家族の存在を、当たり前のものだと思ってはいけないと最近感じています。大人になってみて、家族がいることが当たり前ってないなと思うし、だから子供の頃に言えなかったことを今になって話したりするタイミングは増えました。
不器用な親子の愛情が描かれる「とんび」は、物語の中で長い年月を追うことで、人の人生というものが垣間見える小説です。すごくリアルですし、ひとつの大きな事件をとりあげるのではく、人生単位の人間性だったり、そこに伴う愛情だったり、ぶつかりだったたりが詰め込まれている作品だと思います。
大切な人と、「カドフェスザ・ベスト2021」、小説「とんび」、映画『とんび』を是非お楽しみください。
『とんび』は2022年全国劇場公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着