関口可奈味描き下ろしのティザービジュアル

関口可奈味描き下ろしのティザービジュアル

「パリピ孔明」P.A.WORKS制作で22年
4月TVアニメ化 置鮎龍太郎が孔明役
&本渡楓が英子役

関口可奈味描き下ろしのティザービジュアル(c) 四葉夕卜・小川亮・講談社/「パリピ孔明」製作委員会 人気コミック「パリピ孔明」がテレビアニメ化され、「SHIROBAKO」のP.A.WORKS制作で2022年4月から放送されることが決定した。置鮎龍太郎、本渡楓の出演も明らかとなり、ティザーPVとティザービジュアルも披露されている。
 同作は19年からコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載が開始され、20年に「次にくるマンガ大賞」ウェブマンガ部門「U-NEXT賞」を受賞。渋谷に転生した「三国志」の天才軍師・諸葛孔明が、駆け出しのアーティスト月見英子の夢をかなえるため軍師としてサポートし、音楽シーンに革新を巻きおこす姿が描かれる。
 置鮎は孔明役、本渡は英子を担当。これまでにも「三国志」関連作品で「まぁまぁの数を演じて来た」という置鮎は、初めて孔明を演じることに喜び、「タイトルにある『パリピ』感がどれ程のものかと思っていたら、『これこそ諸葛孔明の真髄ではないか』というほどの軍師ぶり。万能アイテムは出せませんが、我が主に必勝の策を授けてみせましょう」とコメントしている。
 P.A.WORKS制作の「ウマ娘 プリティーダービー」「色づく世界の明日から」で演出を務めた本間修が初監督を務め、シリーズ構成を米内山陽子、キャラクターデザイン・総作画監督を関口可奈味が担当する。なお本作は、P.A.WORKSが初めて手がけるコミック原作ものとなる。
 アコースティックギターの音色からはじまるティザーPVでは、渋谷に転生した孔明と英子の出会いと2人の思いが抒情的に描かれている。本間監督、孔明役の置鮎、英子役の本渡のコメント全文は以下のとおり。
【本間修(監督)】
「パリピ孔明」を作り始めた頃は新型コロナウィルスの感染が爆発しており、人が集まって騒ぐ事を題材にした作品を作るのは難しいなと感じていました。しかし、そんな時代だからこそ、家でパリピ気分を味わえるような、そして、コロナ禍が落ち着いたらクラブなど人が集まるところに、足を運びたくなるような作品になればと思います。ぜひご覧ください!!
【本渡楓(本渡楓役)】
タイトルもそのフォントすらも印象的な今作ですが、孔明と英子の関係性も見逃せません! 爽快なテンポの良さや時代を超えた切ないシーンで心を揺さぶって……と思いきや自然とリズムに乗ってしまうくらいイカした音楽! 歌! どこを切り取っても渋谷の空にキラキラと輝く素敵な作品です!
【置鮎龍太郎(諸葛孔明役)】
三國志ワールドに於いて星の数ほど登場する人物たちの中、まぁまぁの数を演じて来たのですが、実は孔明を担当するのは初めてなんですよ! そこが先ず嬉しく、楽しみで仕方ありません。
タイトルにある「パリピ」感がどれ程のものかと思っていたら、「これこそ諸葛孔明の真髄ではないか」というほどの軍師ぶり。
万能アイテムは出せませんが、我が主に必勝の策を授けてみせましょう。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着