「刀ミュ」新作公演「江水散花雪」1
月30日開幕 新たな刀剣男士5振り役
に松島勇之介、長田光平らが決定

(c)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会 ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズ新作公演のタイトルが、「江水散花雪(こうすいさんかのゆき)」に決定し、出演者やメインビジュアル、公演詳細が公開された。
 「刀ミュ」ことミュージカル「刀剣乱舞」シリーズは、日本古来の刀剣に宿る付喪神(つくもがみ)である“刀剣男士”たちが、歴史改変をもくろむ“歴史修正主義者”と死闘を繰り広げる、人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が原案。15~16年にトライアル公演を経た「阿津賀志山異聞」でスタートし、21年3~5月に第8作「東京心覚」が上演された。11月20~25日には、第7作の再演「静かの海のパライソ2021」の宮城公演も控えている。
 本公演としては第9作にあたる「江水散花雪」では、シリーズおなじみの有澤樟太郎演じる和泉守兼定に加え、新たに5振りの刀剣男士が登場。大包平を松島勇之介、小竜景光を長田光平、山姥切国広を加藤大悟、南泉一文字を武本悠佑、肥前忠広を石川凌雅 が演じる。俵木藤汰、犬飼淳治、遠藤雄弥ほかも出演する。メインビジュアルには、雪が降りしきるなかで空を仰ぐ、和泉守兼定ら6振りの姿が写し出されている。なお、演出は茅野イサム、脚本は伊藤栄之進がシリーズ従来作から引き続き担当する。
 2022年1月30日~2月4日の愛知公演(会場:アイプラザ豊橋)で幕を開け、2月11~27日に大阪公演(COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール)、3月4~13日に東京公演(TOKYO DOME CITY HALL)を行う。2部構成で、第1部がミュージカル、第2部がライブステージとなる。チケット価格はS席1万1500円、A席9500円で、11月19~28日に公式ファンサイトのプレミアム会員を対象とした最速先行抽選を受け付ける。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着