筋骨隆々の最強戦士たちが見参!でも、やることはない……

筋骨隆々の最強戦士たちが見参!でも、やることはない……

最強なのにやることがない終末の戦士
たち 「KAPPEI」伊藤英明の肉体美が
光るチラシビジュアル

筋骨隆々の最強戦士たちが見参!でも、やることはない……(c)2022 映画『KAPPEI』製作委員会 (c)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルコミックス) 伊藤英明が主演し、「デトロイト・メタル・シティ」などで知られる若杉公徳氏のギャグ漫画を実写映画化する「KAPPEI カッペイ」のチラシビジュアルが、このほど披露された。伊藤のほか、上白石萌歌、「なにわ男子」の西畑大吾、大貫勇輔、山本耕史、小澤征悦、古田新太が集結した“笑”撃の仕上がりだ。
 原作は2011~14年、若杉氏が「ヤングアニマル」(白泉社刊)で連載していたギャグ漫画。映画は「翔んで埼玉」や「かぐや様は告らせたい」シリーズの徳永友一が脚本を執筆し、ヒット作を数多く手がけてきた平野隆プロデューサーが初めて監督に挑んでいる。
 「1999年7の月、人類は滅亡する」というノストラダムスの予言を信じ、来たるべき終末の世に備えて幼い頃から人類の救世主となるべく厳しい修行に人生を捧げてきた「終末の戦士」たちがいた。だが、粘っても粘っても世界は一向に滅亡せず。活躍の場を与えられなかった彼らがたどり着いたのは、その能力を全く必要としない現代の東京だった。
 チラシの表面では、大爆発をバックに筋骨隆々の最強戦士たちを活写。素肌にデニムベストの勝平(伊藤)を筆頭に、特攻服にリーゼントの正義(山本)、裸にサスペンダーの守(大貫)、色々とインパクトの強い英雄(小澤)ら「終末の戦士」たちと師範(古田)が鬼気迫る表情で立ち並ぶ。右下の大学生の山瀬(上白石)、啓太(西畑)の普通さに反して、それぞれが今まで見せたことのないような姿を見せている。
 裏面は、荒廃した世紀末感あふれる街を堂々と歩く勝平、山瀬、啓太、終末の戦士たちが確認できる。勝平の異質さ、まさに「前代未聞の救世主」像という言葉を裏付けるようなインパクト大のビジュアルだ。今回のチラシは、本日19日より全国の劇場に掲出されている。
 「KAPPEI カッペイ」は、2022年3月18日から全国公開。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着