『イカゲーム』イ・ジョンジェらがス
タイリッシュな姿で登場 『D.P.』な
どNetflixシリーズ主要キャスト陣か
らのメッセージ映像が到着

Netflixで独占配信中の『イカゲーム』『D.P. -脱走兵追跡官-』『わかっていても』『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』『結婚作詞 離婚作曲』キャスト陣からのメッセージ映像が到着した。
YouTubeで公開されたのは、『イカゲーム』のイ・ジョンジェ、チョン・ホヨン、パク・ヘス、ウィ・ハジュン、『わかっていても』『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』のソン・ガン、『D.P. -脱走兵追跡官-』のチョン・ヘイン、ク・ギョファン、キム・ソンギュン、『結婚作詞 離婚作曲』のパク・チュミ、ソンフンら韓国発のNetflixシリーズ作品キャスト陣による、日本語挨拶を交えた特別映像だ。
Netflixシリーズ『イカゲーム』、『D.P. -脱走兵追跡官-』、『わかっていても』、『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』、『結婚作詞 離婚作曲』独占配信中
各作品の本編もピックアップされた映像では、ソン・ガンが「皆さん こんにちは」と日本語で挨拶。また、『イカゲーム』のメインキャストが勢ぞろいするなど、人気者たちによる挨拶でスタート。ソン・ガンは、ハン・ソヒ(『マイネーム:偽りと復讐』)と共演したラブストーリー『わかっていても』について、「いろんな魅力を持つキャラが登場するので、楽しんでもらえると思います。“人それぞれなんだな”という部分を見てもらえたらうれしいです」と穏やかに語りかける。

同じく、ソン・ガンは自身が若きバレエダンサーを演じる『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』についてもコメント。「新しい一歩を踏み出した人の背中を押してくれるドラマになると思います」とアピールする。
ソンフン、パク・チュミ、イ・テゴンらが共演する『結婚作詞 離婚作曲』については、ソンフンが「30、40、50 代とそれぞれの世代の夫婦を描いているので、共感する登場人物を選べる楽しさがあると思います」、パク・チュミが「次のシーズン3がファイナルです。何か皆さんの心に残るメッセージを届けたいと思っています」と、それぞれがコメント。 脱走兵を捕まえて軍に戻す“D.P.”を描く『D.P. -脱走兵追跡官-』については、チョン・へインが、「これまでになかった斬新なテーマに注目してください」などと語っている。
最後には、世界的ヒットを記録中のサバイバルスリラー『イカゲーム』から、イ・ジョンジェ、チョン・ホヨン、パク・ヘス、ウィ・ハジュンが、本編の“緑ジャージ姿”とは異なるスタイリッシュな装いで登場。にこやかに見どころを語っている。
『不可殺 -永遠を生きる者-』
『静かなる海』

『その年、私たちは』
そのほか、キム・ダミ(『梨泰院クラス』)とチェ・ウシク(『パラサイト 半地下の家族』)共演で12月6日より配信される『その年、私たちは』や、クォン・ナラ(『梨泰院クラス』)とイ・ジヌク(『Sweet Home -俺と世界の絶望-』)共演で12月18日より配信される『不可殺 -永遠を生きる者-』、ペ・ドゥナ&コン・ユ共演で12月24日より配信されるミステリー『静かなる海』などのビジュアルも解禁されている。
Netflixシリーズ『イカゲーム』、『D.P. -脱走兵追跡官-』、『わかっていても』、『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』、『結婚作詞 離婚作曲』は独占配信中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着