TERU、TAKURO、GLAYの音楽活動の原点
である「あうん堂」より配信ライブを
公開

2020年、新型コロナウィルスの感染が拡大する最中に始まったTERUプロデュースの配信ライブ「LIVE at HOME」。そのVol.7を「函館あうん堂ホール」からTERU、TAKURO、村山☆潤の3名で、2021年11月22日(月)、GLAY appより配信した。
7回目となる「LIVE at HOME」は冬が近づく函館が舞台。開催のきっかけは、「TERUさん助けて下さい」という一通のファンからのメールであった。
「函館あうん堂ホール」は函館の音楽シーンを支えてきた1983年開業のライブハウスであるが、コロナ禍による影響を受けてライブ本数が激減し、あうん堂の運営が危ぶまれた。そしてこの場所を無くすまいと継続を目的としたクラウドファンディングをTERUが支援して、そのリターンとして配信ライブを開催することになったのである。
ライブはTERU、TAKUROが会場に入ってくるシーンから始まり、当時書かれた「GLAY」の文字がまだ壁に残っているのを懐かしく眺めている姿が印象的であった。
最初のステージはTAKUROと村山☆潤の2名のみ。TAKUROのソロワークス「Journey without a map」からインストナンバーである「函館日和」など数曲を披露。ステージには当時あうん堂でGLAYがライブを行なっていた時のフラッグが掲げられており、ギターの音色に深みを加えてくれている。
曲中にTAKUROは「僕らにできることがあれば、いつでも帰ってきます。 そして、これからもこのあうん堂を大切にしていきます。バンドを始めた時のような気持ちで、今日はいい気分ですね。」と思いを語った。
曲が終わるとTAKUROが続いてはこの企画の主催者TERU(Vo.)をステージに呼び込んだ。
『PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.7 LIVE at HOME in HAKODATE AUNDO HALL』
TERUは「僕らが高校時代にライブをやらさせて頂いてた場所。そこがコロナ禍で危ない状況であり、ファンの子達からあうん堂のためにクラウドファンディングをやっていると聞き、自分も今回サポートさせて頂きました。皆さん楽しい時間になれば幸いです。」と冒頭で語り、高校時代にやっていた曲「レクイエム」を新たなアレンジで披露。
そこから最新アルバム『FREEDOM ONLY』より「Tiny Soldier」、「BAD APPLE」など高校時代の曲から新曲と織り交ぜながらライブは進んでいき、最後は最新アルバムのリード曲でもある「祝祭」を演奏し、原点とも言える、あうん堂でのライブは幕を閉じた。
いつまでも自分達の故郷・函館を大切にする、非常にGLAYらしさの出ているアコースティックライブ。ぜひTERU、TAKUROの大切な場所に対する想いと共に見てもらいたい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着