実力派シンガーのMay J.とCHEMISTRY川畑要が『忽忘』をデュエット!

実力派シンガーのMay J.とCHEMISTRY川畑要が『忽忘』をデュエット!

実力派シンガーのMay J.とCHEMISTRY
川畑要が『忽忘』をデュエット!

May J.×CHEMISTRY川畑要がコラボ『忽忘』を披露

May J.は、2006年ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビューし、2014年公開のディズニー映画『アナと雪の女王』では日本版主題歌(エンドソング)を担当。同年には自身初となる紅白歌合戦に出場しました。
【インタビュー】May J.「絆∞Infinity」、ウルトラマンと母性…弱さの中に見つけたものとは?
https://utaten.com/specialArticle/index/2478
現在はテレビやラジオ番組への出演をはじめ、デビュー15周年を迎える今年12月8日(水)に4年ぶり9枚目となるオリジナルアルバム『Silver Lining』リリースを控えるなど幅広く活動を行っております。
公式YouTubeチャンネル「May J.のはしもっちゃんねる」は、「“May J.”では出来ないことを始めたい」という本人の意向から、1人の女性「橋本 芽生(はしもと めい)」として、自身の新たな魅力を発信するため2021年4月に開設。
”歌ってみた”企画だけではなくガンプラ制作やギャルメイクに挑戦するなど、今まで知られて来なかったMay J.の明るい性格に「笑った」「面白過ぎる」など好評の声が寄せられ人気を博しております。
この度、11月26日(金)19時に配信する動画では、男性ツインボーカルユニット「CHEMISTRY」のメンバーでソロアーティストとしても活躍する川畑要さんと初コラボとなるコラボを実施。
菅田将暉さんと有村架純さんのW主演映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソングとして今年のヒットソング『忽忘』(Awesome City Club)を2人がデュエットする動画を公開します。
『忽忘』は、男女それぞれの視点で過ぎ去った恋の記憶を辿っていく切ないラブソング。
男性目線で2人の関係の終わりを語る1コーラス目を川端さんが太く豊かな響きのある声で歌い、女性目線の叶わない願いが込められた2コーラス目をMay J.が、透明感のある歌声で歌います。
男女どちらかだけが美化されることのない、リアルでエモーショナルな楽曲を、実力派アーティストの2人が珠玉の美しいハーモニーでお届けします。
May J.コメント
川畑さんとはイベントやテレビ番組で何度もご一緒させていただいたことがありましたが、デュエットは今回が初めてになります。
ソウルフルでありながらも寂しさや切なさが伝わってくる彼の歌声を感じながら、私も心を込めて歌わせていただきました。
以前から「メイちゃん」と気さくに呼んでくれていましたが、今回初めて「はしもっちゃん」と呼んでいただき、私も「要っち」と呼び合える仲になれたことをとても嬉しく思います!
チャンネル概要
チャンネル名:May J.のはしもっちゃんねる
▶YouTubeチャンネル
▲勿忘 - Awesome City Club / 歌ってみた【 May J. × 川畑要 cover 】

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着