豊川悦司にとって中村倫也は「家に置
いておきたい」存在 Amazon Origina
l『No Activity/本日も異状なし』特
別映像で共演秘話が明らかに

12月17日(金)より配信されるAmazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』から、豊川悦司と中村倫也が共演秘話を語る特別映像が公開された。
『No Activity/本日も異状なし』は、オーストラリアのコメディドラマ『No Activity』を日本版としてリメイクした作品。ハッタリだらけのベテラン刑事の時田信吾と、刺激を求める新米刑事・椎名遊のバディ(相棒)が、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす騒動を描いた連続ドラマだ。主人公の時田役で主演するのは、豊川悦司。また、時田とバディを組む椎名遊役で中村倫也が共演する。メガホンをとったのは、映画『ヒロイン失格』や『賭ケグルイ』シリーズ、『東京リベンジャーズ』などの英勉監督。脚本を手掛けるのは、映画『甘いお酒でうがい』、『美人が婚活してみたら』や、ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』のシソンヌのじろうが手がける。
豊川が演じる時田と中村が演じる椎名は、初めてタッグを組むバディ。新人刑事の椎名は、謎の名言ばかりを並べる時田に、最初こそは距離を置く。しかし、警官になった理由が「刺激が欲しいから」という椎名は、時田の沼のような魅力にズブズブとハマってゆくことに。そして、聞き上手な椎名に乗せられるように、時田のテキトーさにも拍車がかかってゆくという。

解禁された映像では、豊川と中村がそれぞれの印象を語っている。豊川が「撮影の半ばになると、中村くんを家に置いておきたいなというくらい、中村くんが演じる椎名が面白くなってきました」と明かすと、中村は「本当ですか!?」と、照れ笑いしてしまいます。さらに、豊川は、「アドバイスをくれたり、相槌を打ってくれたり、Alexa以上の存在になってくれそうな気がします」と、中村への想いを語っている。一方の中村は、「バディの時田役が豊川さんだと知って、楽しみでしょうがなかったです。台本読みの数シーンで、既に豊川さんの時田が大好きになってしまいました」と返し、相思相愛ぶりをみせつけている。
ドラマ『No Activity/本日も異状なし』は、12月17日(金)Prime Videoにて独占配信。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着