千葉哲也演出、勝村政信×高杉真宙で
おくる2人芝居『ライフ・イン・ザ・
シアター』上演決定

「劇場」を舞台に、芝居に生きる俳優の悲喜こもごもを描いた舞台『ライフ・イン・ザ・シアター』を、2022年3月3日(木)~3月13日(日)東京・新国立劇場 小劇場ほか、全国6都市にて上演することが決定した。
本作は、現代アメリカ演劇界を代表する劇作家、デヴィッド・マメットが綴る2人芝居。1977年、シカゴでの初演以降、ブロードウェイはじめ世界各地で上演され続け、数々の名優によって演じられてきた不朽の名作が、日本では16年ぶり、3度目の上演となる。
今作で【ロバート】を務めるのは、現在放送中のテレビ朝日『ドクターX』の最新シリーズに第1シリーズよりレギュラー出演し、その確かな演技力でコミカルな役からかシリアスな役まで演じ分け、必要不可欠な存在として活躍し続ける勝村政信。勝村は、年配で演技力のあるベテラン俳優を演じる。
また、勝村演じるロバートを慕い、日々役者として様々なアドバイスを受ける若手俳優の【ジョン】を演じるのは、現在放送中のTBS系ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』にレギュラー出演するなど、着実に急成長を遂げている若手注目株の高杉真宙。
勝村政信
高杉真宙
舞台上や楽屋裏、出番直前の舞台袖や衣裳部屋など、劇場の中の様々な場所で繰り広げられる、2人の俳優たちの会話や日常を切り抜き、90分で描くオムニバス風ヒューマンドラマ。時に切なく、時にクスッと笑える、月日の流れと共に変わりゆく「世代もキャリアも違う二人の俳優」の心情を描く。
演出を務めるのは、俳優で演出家の千葉哲也。演劇企画集団「THE・ガジラ」に旗揚げから参加し、演出家としては『いま、ここにある武器』、『青』(16年)で読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞するなど高い評価を得ている。自身も俳優である千葉が、何気ない「俳優の生きざま」をどのように描くか、注目だ。
千葉哲也
『ライフ・イン・ザ・シアター』は、東京公演を2022年3月3日(木)~3月13日(日)新国立劇場 小劇場にて上演。2021年11月29日(月)17:00よりオフィシャルHP先行受付が開始となる。東京の他、大阪、広島、福岡、札幌、金沢の全国6都市での上演が決定しており、東京公演以外の公演日程詳細等は、2021年12月上旬に発表予定。公演に関する最新情報は、公式HPにて随時公開となる。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着