セルゲイ・ポルーニン、3度の公演中
止を経て2年ぶりに来日 日本初単独
公演が22年春に決定 

2022年5月17日(火)~22日(日)に東京文化会館 大ホールで、『セルゲイ・ポルーニン SACRÉ 「春の祭典」/ラスプーチン』が開催されることが決定した。本公演は、2020年5月14日(木)、15日(金)に上演を予定していた作品の延期公演となる。
本公演は、セルゲイ・ポルーニンによる初の日本単独公演。5月17日(火)~19日(木)の4公演は、“なぜ善人が悪行を働くのか?”をテーマに、振付師ロス・フレディ・レイの視点から描いた『Fraudulent Smile~偽りの微笑み~』と、大石裕香が演出・振付を手掛ける、ロシアの伝説的なバレエ・ダンサーで振付師のヴァーツラフ・ニジンスキーの最高傑作を解釈した『Paradox&Sacré~パラドックス&サクレ~』の2演目を同時上演。20日(金)~22日(日)の4公演は、ポルーニンの代表作との呼び声も高く、ロシアの“狂僧”ラスプーチンを題材にした『Rasputin ~ラスプーチン~』を上演する。
セルゲイ・ポルーニン
公演の詳細やチケットの販売情報は近日発表予定。2020年5月公演は即日SOLD OUTとなった、孤高の天才バレエ・ダンサーによる、待望の日本単独ステージを見逃さないでおこう。
主催者より公演を楽しみにお待ちいただいている皆様へ
新型コロナウイルス感染症の影響により3度の公演中止を余儀なくされ、セルゲイ・ポルーニンのステージを楽しみにお待ちいただいているお客様には、多大なご不便、ご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
2020年の計画当初は『SACRÉ「春の祭典」』のみの上演を予定しておりましたが、この2年の間に「ラスプーチン」が追加となりました。2022年5月の実現に向けて動き出した本公演は、世界的バレエ・ダンサー、セルゲイ・ポルーニンがこれまでのガラ公演では見せたことがない多彩な表現・表情を生でご覧頂ける貴重な機会となるに違いありません。
ここ2年間、海外アーティストの来日公演がほとんど行えない状況が続いておりますが、約2年越しのセルゲイ・ポルーニン日本初単独公演が“with コロナ”における海外アーティストの来日公演の再開のひとつになればと願っています。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着