高橋真梨子の歌謡曲とは
一線を画す大人の魅力を
ソロデビューアルバム
『ひとりあるき』から探る

のちのヒット曲に通じる萌芽

歌詞においては、その後の「for you…」や「ごめんね…」や「桃色吐息」に直結するものを、アルバム『ひとりあるき』に見出すことはできない。作家が違うのだから当然と言えば当然だが、その萌芽のようなものは見て取れると思う。興味深いのはオープニングとエンディングである。以下に歌詞を記す。

《Kiss again 甘えていたつもり/だから あなたに 背を向けたの/まさか 追いかけて 来ないなんて/思わずにいたから》《Kiss again わかっていたつもり/だからあなたを ふりきったの/他の誰かを 愛せるなんて/思わずにいたから》《あなたの 空を 翔びたい/誰より 高く翔びたい/あなたの 空を 翔びたい/抱きしめて》(M1「あなたの空を翔びたい」)。

《あなたの眼の中に/小さくなって 素直になった/わたしがいる わたしがいる》《あなたの胸の中に/小さくなって 熱くなった/わたしがいる わたしがいる》《わたしのあなた とても大切な人よ/その胸にいつまでも 離さず抱きしめて/深く 深く もっと 深く そうよ…》《あなたの耳の側で/小さくなって 熱くなった/わたしがいる わたしがいる》(M10「小さなわたし」)。

歌詞の内容を細かく説明するのも品がないし、ましてや上記ははっきりとシチュエーションを記したものではないので、何とも言い難いところではあるのだが、M1での悔恨の念、M10で示す相手との距離感は、のちのヒット曲に通じなくもない。また、どちらにも共通する、いい意味でオブラートに包まないエゴも通底しているだろう。ここまで高橋真梨子の音楽性をかなり大掴みにしたので、細かく見ていけば指摘したような部分以外にも彼女を彼女たらしめるものはあると思う。そこは理解しているので、当コラムが浅薄であることの非礼は先にお詫びするが、“デビューアルバムにそのアーティストの全てがある”という話は、どうやら高橋真梨子の『ひとりあるき』にも当てはまるようではある。そこは理解できる。

TEXT:帆苅智之

アルバム『ひとりあるき』1979年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.あなたの空を翔びたい
    • 2.掌(てのひら)
    • 3.さよならのエチュード
    • 4.YOU'RE SO FAR AWAY
    • 5.マイ・ドリーム
    • 6.おいでサマー・ホリディ
    • 7.訪れ
    • 8.二人の物語
    • 9.夜の顔
    • 10.小さなわたし
『ひとりあるき』('79)/高橋真梨子

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着