新世代シンガー・アツキタケトモ、共
同編曲にTAAR迎えた新曲「Family」本
日リリース

アツキタケトモがUniversal Music内のレーベル〈ZEN MUSIC〉よりニュー・シングル「Family」を本日12月1日(水)にリリースした。
昨年9月にリリースした、作詞、作曲、編曲、演奏、録音までを全てひとりで行った1stアルバム『無口な人』でも注目を集めたアツキタケトモ。本作「Family」は“家族”をテーマに、“当たり前の共同体に疑問を呈する”社会派の楽曲となっている。またアレンジはiriSIRUPの編曲・共作で携わるDJ/プロデューサー・TAARと共同で行い、骨太なテーマとモダンなビートが融和する作品に仕上がっている。また、InterFM897の12月前半パワープレイ「Hotpicks」に選出されている。

リリースに際して、本人と先述のTAAR、そして評論家の柴那典からのコメントも到着した。

【アツキタケトモ コメント】

両親はまだ離婚していないけれど、ずっと不仲でした。多分、何度も壊れそうな場面があった中で、それぞれが息子である僕のために「家族」という形を必死に守ろうとしたのだと思うし、そこに感謝もあります。けれどいわゆる「家族」が暖かいものの象徴のように取り上げられるたび、僕は自分の居場所がないような気持ちになっていました。

家の中じゃなくても、暖かい場所、落ち着ける場所はきっとどこかにあるし、もっと言えば自分の内側にそういう場所を作ることができるのかもしれない。

全部が全部実体験というわけではないけれど、本質的な意味で「アツキタケトモ」という人間をそのまま描いたような楽曲になりました。家庭にも社会にも、何らかの居心地の悪さを感じている全ての人に届けたい一曲です。

【柴那典(評論家) コメント】

多くの人が見ないふりをしている現実を、うやむやにしている内面を、えぐり出す。そういう鮮烈さを持った言葉を、色気ある声で歌う。サウンドには海外のオルタナティブ・ミュージックに通じる先鋭的なテイストがありつつ、メロディと歌声には歌謡曲やJ-POPの王道に通じる普遍性も持っている。聴いていてゾクッと鳥肌が立つような才能の持ち主だ。

現時点で未発表曲は数百曲あるという。まだまだ未知の部分は多い。でも、きっと、時代を射抜くシンガーソングライターになるんじゃないかという予感が強くある。
柴那典

【TAAR コメント】

彼の音楽は心に効く。

シンガー、ソングライター、プロデューサー、アレンジャー、エンジニア、
音楽に携わる全ての人格を一人で完結させる稀有な才能を持ちながら、自らの可能性を他者との間に期待し、模索し、獲得する。
彼の音楽を生み出すそのスタンスが、僕らが日常で他人に願う事と同じだから、彼の音楽は僕らの心に効く。
TAAR


【リリース情報】

アツキタケトモ 『Family』

Release Date:2021.12.01 (Wed.)
Label:ZEN MUSIC
Tracklist:
1. Family

■ アツキタケトモ オフィシャル・サイト(https://atsukitaketomo.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着