『ファンタビ』最新作邦題が『ファン
タスティック・ビーストとダンブルド
アの秘密』に決定 ニュート役の声優
・宮野真守らが想いを語る

『ファンタスティック・ビースト』シリーズ最新作の邦題が『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』に決定。2022年4月8日(金)に日本で劇場公開されることがわかった。
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は、『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズの最新作。2018年11月に劇場公開され、興行収入65.7億円、観客動員473万人を突破した『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に続く作品だ。本作では、魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使い・ニュートが、ダンブルドア先生や魔法使いの仲間たち、マグルと寄せ集めのデコボコチームを結成。魔法使い・グリンデルバルドに立ち向かう。そして、ダンブルドア先生の過去に隠された秘密が明かされるという。
12月1日(水)には、本作のキックオフイベントが開催された。イベントには、エディ・レッドメイン演じる主人公ニュート・スキャマンダーの吹き替えを担当する声優の宮野真守と、『ハリー・ポッター』シリーズの大ファンだという河北麻友子が登壇した。
(c)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights(c)J.K.R.
12月1日は、2001年に『ハリー・ポッター』シリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』が日本公開された日。その記念すべき日に実施されたイベントで、『ハリー・ポッター』シリーズのハリーの親友ロンの兄であるパーシー・ウィーズリーの吹き替えも担当していた。宮野は、「実は過去、グリフィンドールにもいたことがあるんですよ!当時18歳の時は声優として駆け出しだったので、学校の制服を着たまま現場に入っていました。みんな小説も読んでいて、期待感がすごい作品に参加できる喜びと、今後このシリーズはどうなっていくんだろう?という興奮がありましたね」とコメント。河北は「アメリカは公開日の0時から映画が観られるので、その時だけは親に許可をもらって友達と映画館に並んでいました。本を読んで、自分が想像していた以上の魔法の世界が観られた時の感動は今でも忘れられないです」と、それぞれが当時を振り返りながら熱い想いを語った。
宮野真守 (c)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights(c)J.K.R.
また、『ファンタスティック・ビースト』シリーズの魔法動物たちがトークのテーマに。「好きな魔法動物は?」との質問に、河北は、きらきらした光るものが大好きな“ニフラー”が大好きであることを即答。「なんといっても可愛すぎる!見た目がかわいいのに、いたずらっこなのがきゅんとしますね」と魅力を語った。宮野も「いたずらっこだけど、いいところで活躍するんですよ。ベビーニフラーも本当に可愛くて大好きです!」とあかした。宮野は、「多すぎて選べない!」と迷いながらも、小枝のような魔法生物・ボウトラックルをあげ、「ニュートの相棒であるボウトラックルのピケットがいると、安心します。ニュートには欠かせない存在ですよね」と理由を語った。
イベントでは、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から『ファンタスティック・ビースト』シリーズまでを手がけきたデイビット・イェーツ監督より、日本のファンへ向けたメッセージ映像も公開。イェーツ監督から本作の邦題と日本公開日が発表されると、宮野は開口一番「うわあ!これはすごい!やっぱりダンブルドアの秘密に迫っていくんですね!」と大興奮。会場には大きな拍手が巻き起こった。さらに、タイトルにもなっている通りダンブルドア先生の秘密が本作で明かされることが明かされると、「本当に秘密が多い人物ですから。ニュートにも何にも教えてくれないんだから!」と触れつつ、「ハリポタファンならぐっとくる考察伏線がたくさん出てくると思うので、ますます楽しみですね」と期待を語った。
河北麻友子 (c)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights(c)J.K.R.
最後に、宮野が「『ハリー・ポッター』の頃から作品に参加させていただけでなく、ファンになってしまう魅力的な作品です。『ファンタスティック・ビースト』シリーズは、特にニュートの存在を感じてもらえるようにつぶさに演じてきました。エディの表現してきたものを、日本語でも僕が世界に届けられればと思って参加しているので、新作ももちろん気合をいれて臨みたいと思います!楽しみに待っていてください」と意気込みを語ると、河北も「魔法の世界は観ているだけで嫌な気持ちを忘れられる力がありますし、今回の作品もそんな作品になっているのではと期待しています!皆さんも4月を楽しみに待っていていただいて、ぜひ劇場で一緒に楽しめるといいなと思います」と期待を寄せた。
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は2022年4月8日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着