「怪人開発部の黒井津さん」にM・A・
O、稲田徹、寺島拓篤が出演 各地の
ローカルヒーローも本編に登場

(c)水崎弘明・COMICメテオ/「怪人開発部の黒井津さん」製作委員会 2022年1月8日から放送を開始するコメディアニメ「怪人開発部の黒井津さん」に、M・A・O、稲田徹、寺島拓篤の出演が決定した。また、さまざまなヒーロー作品から出演俳優を各話ナレーションに迎えるほか、日本各地のローカルヒーローが作中に登場することも明らかになった。
 水崎弘明氏による原作は、ウェブ漫画サイト「COMICメテオ」で連載中。正義のヒーロー・剣神ブレイダーと戦う悪の組織「アガスティア」の怪人開発部に所属する研究助手・黒井津燈香(くろいつとうか/CV:前田佳織里)が、わずか10分ででっち上げられた新怪人のプレゼンや上司の無茶振りなど、さまざまな理不尽に立ち向かっていく姿を描く。
 M・A・Oは、悪の秘密結社「アガスティア」の首領で、突然の思いつきで黒井津たちを振り回すアカシック役を担当。稲田は「アガスティア」の運営決定権を握る参謀ながら、部下思いの理想的な上司であるメギストスを演じる。寺島は「アガスティア」と敵対する剣神ブレイダーに変身する好青年・佐田巻健司役を務める。
 各話ナレーションを担当する俳優は未公開で、今後各話のあらすじとともに発表される。作中に登場するローカルヒーローの詳細も明らかにされていないが、「株式会社ヤツルギ魂」「株式会社正義の味方」「安芸戦士メープルカイザー製作委員会」「株式会社ネクストヒーローズ沖縄」といった団体の参加が決定している。
 また、レジェンド&ローカルヒーロープロデュースを、「仮面ライダー」シリーズや「スーパー戦隊」シリーズなどに携わる鈴村展弘が手がけることも決定。そのほか、ヒーローキャプテンをまさひろ山根、ローカルヒーローキャプテンを鷲北恭太、ヒーローデザインを山根理宏、ことぶきつかさ、怪人デザインを森木靖奏、衣装デザインを監物ケビン雄太が務める。
 なお、本編にゲストとして登場する怪人のデザインを公募するアイディアコンペティション企画も開催される。募集期間は12月6日から22年1月31日まで。
 以下に、今回発表されたキャストからのコメントを掲載する。
【M・A・O(アカシック役)】
アカシック役で参加させていただきます、M・A・Oです。
秘密結社アガスティアの首領でありながら、見た目はとってもキュートな女の子というギャップが魅力的なアカシックちゃん! 組織のトップとして威厳のある振る舞いと、無邪気溢れる可愛らしさをしっかり表現できるよう、精一杯演じさせていただきます!!
【稲田徹(メギストス役)】
俺のことを少なからずご存知の方ならば思ったでしょう。「これは稲田徹がめっちゃ好きそうなやつだな」と。まさにその通り! めっちゃ好きなやつです!
特撮の面白みとオマージュ、リスペクトに満ちた、とんでもない作品です。個人的に、まさかアニメで共演することができるとは! という方々との再会が多々あり、毎回ワクワクしております。
特撮ファンに激震をもたらすであろう本作、アニメファンにも当然楽しんでいただける傑作です。全話見逃し厳禁です!
【寺島拓篤(剣神ブレイダー/佐田巻健司役)】
悪の組織が主役の作品におけるヒーロー役ということは、つまり悪役というわけですね! わかりました、蹴散らしましょう!
と、意気込みましたが、実際は働く人たちの心に寄り添うハートウォーミングな作品で、原作を読んでいて優しい気持ちになりました。
みんなの明日の活力になる素敵な作品です! どうぞお楽しみに!

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着