杉咲花×JUJU、ドラマ『恋です!~ヤ
ンキー君と白杖ガール~』スペシャル
対談が実現 

12月8日(水)22時より第9話放送されるドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』から、杉咲花とJUJUの対談が到着した。
『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』は、うおやま氏による4コマ漫画『ヤンキー君と白杖ガール』(KADOKAWA)を実写化した作品。勝ち気だけど恋に臆病な盲学校生ユキコ(杉咲花)と、喧嘩早いけど根はまっすぐなヤンキー森生(杉野遥亮)の恋の行方を描いたドラマだ。

今回到着した対談は、同ドラマ主題歌「こたえあわせ」を歌うJUJUと主演の杉咲によるもの。JUJUは撮影スタジオを訪問し、「こたえあわせ」に込めた想いやドラマへの熱いメッセージも語っている。
杉咲花✕JUJU対談
――JUJUさん、初めて「恋です!」のセットをご覧になっていかがですか?
JUJU:もう感激です! ずっとテレビで見ていた赤座家に自分が…って、うれしかったです。お父さんにもイズミさんにもお会いできて、今日は本当にいい日でした。
杉咲:そんなふうに言っていただけて、こちらこそうれしいです。なかなか現場でお会いできることってないですし、JUJUさんが来てくださって、現場のみんながパワーをいただいたと思います!
――改めて、主題歌「こたえあわせ」にどんな想いを込めたのか教えてください。
JUJU:まず原作の漫画をから読ませていただいて、「どういう曲が一番いいんだろう」っていうのをものすごく考えました。そして、ユキコさんと森生くんが出会って、お互いが答え合わせをしない毎日に進んでいけるとしたらそんなに素敵なことってないなって本当に思って。JUJUっていうものは、今まで9割9分2厘ぐらい〝ままならない曲″を歌っているのですが、その〝JUJU感″が今回のドラマには全く必要ないなって感じて。今回はたぶん私史上、いちばん出演者お二人のことを考えながらしたレコーディングでした。
杉咲:そうなんですね。
JUJU:すごく(ドラマを)邪魔したくなかったんです。だから、今回は歌の中での言葉の発し方を本当に考えました。自分の中の新しい自分みたいなものを垣間見るレコーディングでした。
杉咲:確かに、初めて聴いたときに、今まで聴かせていただいていたJUJUさんの曲からまた少し印象が変わっているように感じました。それが、JUJUさんのお話を伺って、そういうことだったんだって、今思いました。この曲が生まれるまでの道のりを知ることができて、今までになかった聴き方が今日この後からできそうな気がして、すごく楽しみになりました。
――JUJUさんは、「恋です!」で具体的にお気に入りのシーンなどありますか?
JUJU:えー!いっぱいありますよ、ちょっと5時間ぐらいもらわないと……(笑)。でもいちばんのお気に入りって言われると…ヒール!(※第3話のラストシーン)あれはずるいです! 声を聞くためのヒール! 私はヒールが好きなんですけれど、理由は、子供のころ足が大きいので身長が175cmを超えると言われてたのに、165、6cmで止まってしまって、その10cmを埋めるためのヒールなんですね。それが“私にとってのヒール”だったのが、ユキコさんと身長差があるから声が遠いっていうのに対して森生くんがプレゼントして、さらにユキコさんが頑張ってそれを履いて森生くんに会いに行って、抱きしめた後の「俺の声届きますか?」。…なんですか、あのシーン!! もうね…あれはもう…絶叫ですよ。
杉咲:とてもピュアでしたよね。
JUJU:あれは本当に…すごく好きです。ほかにも挙げてたらキリがないくらい、いっぱいありますよ。だからこれをずっと蓄積したいので、10話で終わらないでください!(笑) 老いも若きも、全年代の人が大好きなドラマだろうなと思って見ています。
杉咲:そうだったらとってもうれしいです。
JUJU:絶対そうだと思います。あとね、うちのバンマス(バンドマスター)も言ってたんですが、とにかく花ちゃんがかわいい! バンマスはHuluで巻き戻して見てるって言っていました。
杉咲:本当ですか!? 恥ずかしい(笑)。よろしくお伝えください。
――そんなJUJUさんの熱い想いを受けて、杉咲さんいかがですか?
杉咲:もう、本当にうれしいです。今、ドラマの終わりが見えてきている時期で、名残惜しさと最後までやりきらないとというプレッシャーが半々の中で、一日一日を乗り越えている感覚で日々を過ごしていたのですが、そんな時に現場に来ていただけて……。しかもこんなに熱い感想を伝えていただいて、本当に元気が出ました!
JUJU:本当!?「重いなこれ…」とかじゃない?(笑)
杉咲:思ってないです!(笑) 本当にうれしいですし、私は今日、JUJUさんにお伝えしたかったんですけれど、「こたえあわせ」の歌詞の中に『今までより夢見るのが怖くない』という部分があるじゃないですか。そこがすごく好きで。このドラマはラストにかけて、ユキコと森生がお互い夢に向かって進んでいく話になっていくのですが(歌詞が書かれた時点で)結末は知らなかったはずじゃないですか。それなのに、こんなにも作品とリンクしてるだなんて、すごいなって思いました。私自身もユキコとして森生のことを思い浮かべるとき、この曲を聴かせていただくことでより思いが膨らんでいく感覚があって、お芝居をする上でもすごく助けていただいています。この曲を聴くことをできるのが心強いですし、最後まで頑張れそうって思っています。
JUJU:……いろいろしゃべりすぎたことを、今、後悔しています(笑)。
杉咲:なんでですか、後悔しないでください!(笑)
JUJU:役者さんって本当に大変だと思うんです。大変な思いの中、あんなに目に焼き付いて離れないシーンをこちらは見させていただくわけですから、これからも心してテレビの前で見ます!
杉咲:ありがとうございます!
ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』第9話は、12月8日(水)22時より放送

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着