元劇団四季・樋口麻美によるトーク&
ライブ『Invitations -a secret par
ty-』開催決定 ゲストに雅原慶と小
野田龍之介

2021年12月23日(木)六本木サテンドールにて、元劇団四季の樋口麻美がトーク&ライブ 『Invitations -a secret party-』を開催する。
ミュージカル等で活躍する樋口がゲストとのトークや歌を楽しみながら、東京・六本木の老舗ジャズハウスで繰り広げる秘密のカクテルパーティー。
昼の部のゲストに雅原慶、夜の部のゲストには小野田龍之介を迎え、ピアノ&コーラスは向江陽子、トークMCは演劇ライター&コラムニストの上村由紀子が担当する。昼の部と夜の部では、トーク内容およびセットリストの一部を変えて上演されるとのことだ。
<出演者プロフィール>
樋口麻美 Asami HIGUCHI 
樋口麻美
小学校の頃からクラシックバレエ、ジャズダンス、タップダンス、ピアノ、声楽の基礎を学ぶ。高校2年生の時に劇団四季オーディションに合格。聴講生としてレッスンに参加し、1997年より研究所に入所。翌年『オペラ座の怪人』で初舞台。それ以来『ライオンキング』ナラ、『夢から醒めた夢』ピコ、『アイーダ』タイトルロール、『南十字星』リナ、『クレイジー・フォー・ユー』ポリー、『ウエストサイド物語』アニタ、『ウィキッド』エルファバ、『コーラスライン』ヴァル、『キャッツ』ジェリーロラム=グリドルボーン、『壁抜け男』イザベル、『李香蘭』川島芳子など数々の作品で主要な役を演じた。オリジナルキャストの経験も多く、2002年『マンマミーア!』オーディションではロンドンのオリジナルスタッフが来日し劇団内外から多数の参加がある中でソフィ役に抜擢。2011年からはソフィの母親役となるドナ・シェリダンを演じ、両役を演じた世界初の女優となった。退団後もコンサートやミュージカルなどで多岐に渡り活躍中。最近では『ウエスト・サイド・ストーリー Season 1』アニタ、『ジェイミー』ミス・ヘッジを演じ、好評を得ている。
雅原慶 Kei MIYAHARA / day guest
雅原慶
1985年1月14日生まれ 兵庫県出身。立命館大学法学部卒業後、2008年、劇団四季に入団。入団2年目に劇団四季の代表作「キャッツ」でジェリーロラム=グリドルボーン役に抜擢。2012年「アイーダ」でタイトルロールのアイーダ役を務めるなど、その圧倒的な歌唱力と表現力でファンや関係者から高い評価を得ている。その他「マンマ・ミーア」「南十字星」「ライオンキング」などにも出演。退団後は活躍の場をライブ活動や映像の世界にも広げている。近年の作品に、ミュージカル「銀河鉄道999〜Galaxy Opera〜」、「ふたり阿国」、「Live Airline」、「ミュージカル『DEVIL』JAPANプレビューコンサート」がある。

小野田龍之介 Ryunosuke ONODA / night guest
小野田龍之介
神奈川県出身。幼少より舞台出演を重ねる。2011年シルヴェス ター・リーヴァイ特別賞を受賞。'20年にはデビュー20周年記 念コンサートを開催。主な出演作に『レ・ミゼラブル』『ミス・ サイゴン』『ウエスト・サイド・ストーリー』『メリー・ ポピンズ』『マリー・アントワネット』『ラブ・ネバー・ダイ』『 パレード』『三銃士』『タイタニック』『アリス・イン・ ワンダーランド』他多数。今後は『フィスト・オブ・ノーススター 北斗の拳』トキ役、『メリー・ポピンズ』バート役、『ミス・ サイゴン』クリス役等が控える。
向江陽子 Yoko MUKAE / piano & chorus
向江陽子
幼少期からピアノとヴァイオリンを習い、音楽高校そして音楽大学へと進む。ヴァイオリン・ピアノなどでの様々なアーティストへのサポート活動や、CD録音へ参加。またその経験から、自身のシンガーソングライターや、ユニット活動など幅広く活躍中。「向江陽子のやりたい放題」と称した自主企画を様々な会場で不定期に開催。参加アーティスト全てとのコラボレーションを取り入れる形で、全編にわたり向江陽子が参加する同イベントは好評を博す。【Works】杏里/石井竜也(米米CLUB)/手嶌葵/坂本冬美/井上昌己/松ヶ下宏之/橋幸夫/上野優華/Galneryus/工藤あやの/Official髭男dism『イエスタデイ』MV/華原朋美『HOWEVER』MV/GINZASIX CM/リビングルームミュージカル愛の音楽隊 他レコーディングや舞台出演など多数。
上村由紀子 Yukiko KAMIMURA / emcee
上村由紀子
演劇ライター&コラムニスト。桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科(修士課程)修了後、蜷川幸雄氏演出の舞台や映像作品で活動し、20代中盤からはFMラジオDJ、リポーターとして生放送の情報番組等を担当。現在は演劇、ミュージカルの現場を取材しつつ、ドラマや俳優に関する考察コラムも執筆。これまでの観劇本数は約4000本、インタビュー人数はのべ500人以上。TBS『マツコの知らない世界』(劇場の世界)、『アカデミーナイトG』、テレビ東京『よじごじDays』TBSラジオ『サキドリ!感激シアター』等、専門家としてのメディア出演も多数。「劇場は人生を変える場所」を胸に、さまざまな客席に出没中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着