Geroは歌い手でありYouTuber?人気の歌ってみた動画や魅力を徹底解剖!

Geroは歌い手でありYouTuber?人気の歌ってみた動画や魅力を徹底解剖!

Geroは歌い手でありYouTuber?人気の
歌ってみた動画や魅力を徹底解剖!

Geroとは

本名
金城敬樹(きんじょうひろき)

愛称
ちゃんげろ、げろりん

生年月日
1986年1月23日

出身地
兵庫県尼崎市

血液型
A型

身長
168cm

Geroは2008年からニコニコ動画へ歌ってみた動画の投稿を始め、現在はアニソン歌手としてメジャーデビューや、YouTubeチャンネル「肉チョモランマ」のメンバーとしても活動しています。
四人兄弟の三男で、一度は音楽の夢を諦めていたところに、弟からニコニコ動画の存在を教えてもらい活動を始めました。
好物はうどんとチャーハンと公言していましたが、小麦と卵白アレルギーが判明するなど、面白いエピソードもたくさんあるようです。
名前の由来
Geroと名前だけ聞けば、少し汚いイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
Geroの名前は嘔吐物から由来しており、Geroの特徴であるパワフルな声でレコーディングしている途中に嘔吐しそうになったことから、Geroという名前にしたようです。
Geroの歌ってみた動画の中には嘔吐物とハッシュタグがつくことや、バラードでは「きれいな嘔吐物」とタグが付けられることもあります。
名前やタグなどでユニークなアイデアが出せるところもGeroの魅力ですね。
Geroの魅力
Geroはパワフルな歌声と4オクターブの広い音域を持ち、ライブでも安定感のある歌唱力が魅力の1つでしょう。
中学生の頃にヘビーメタルの歌い方に影響を受けたり、18歳では洋楽のコピーバンドを組んでいたことにより力強い歌声が出せるようになったようです。
YouTubeチャンネルの肉チョモランマのメンバーからも尊敬している歌い手に挙げられているので、メンバーからも厚い信頼を得ているのではないでしょうか。
また、関西生まれということもあり、ラジオなどのメディア出演では抜群のトーク力でリスナーを虜にしています。
歌い手という枠にとらわれず、マルチな活動で注目を集めている歌い手の一人です。
Geroの経歴
Geroは歌い手として活動する前にも劇団ひまわりの団員など、様々な分野で活動をしていました。
また、学生時代には体操部と柔道部に在籍しており、音楽活動は精力的には行っていなかったようです。
では、Geroはどのようにして人気のある歌い手になったのでしょうか。
ここでは、Geroの経歴について紹介します。
「全日本アニソングランプリ」決勝進出
Geroは歌い手として活動を始めた1年後に「全日本アニソングランプリ」に出場しており、決勝戦まで進出しています。
Geroが出場した第三回全日本アニソングランプリでは、6570組の応募者が集まり、現在も声優や歌手として活動している応募者も多くいました。
惜しくも優勝は逃しましたが、決勝戦まで進出できるほどGeroの歌唱力が高いことがわかりますね。
2013年にメジャーデビュー
2010年からライブ活動を始め、2011年にはインディーズでアルバムを発売をするなど徐々に活動の幅を広げていました。
そして、2013年にTVアニメBROTHERS CONFLICTのオープン主題歌「BELOVED×SURVIVAL」でメジャーデビューを果たします。
そこから全国ツアーやHoneyWorksなど歌い手としての人気が上昇していきました。
男性YouTuberグループ「肉チョモランマ」
2019年にGeroを始めとする歌い手でYouTubeチャンネルを開設しました。
活動開始時にはGero、めいちゃんコニーの3人でしたが、コニーが脱退して現在は2人で活動をしています。
動画内容はゲーム実況やグルメ系など様々なジャンルの動画を投稿しており、チャンネル登録者数も40万人を超えています(2021年9月現在)。
メンバーのめいちゃんは尊敬する歌い手にGeroを挙げています。
Geroの歌い手動画
Geroの歌い手としての人気は凄まじく、YouTubeチャンネル登録の総視聴回数は6千万回を超えています。
パワフルで感情豊かな歌声と確かな歌唱力が人気の秘訣なのではないでしょうか。
また、Geroの動画ではただ歌うだけでなく、視聴者が楽しめるように面白い要素も多く取り入れているのが特徴です。
あまり歌い手の動画を見ない人でも楽しめる動画になっているので、新しいファンをうまく獲得しています。
ここでは、Geroの歌い手動画を紹介していきます。
ギラギラ / Ado
▲Gero - 『ギラギラ(Cover)』【OfficialYouTube】
現在最も注目を集めているAdoのギラギラをカバーした動画です。
本家のAdoは女性なのでキーも高いのですが、Geroは原曲キーで見事に歌い上げています。
力強い叫ぶような高音ときれいなファルセットを使い分けることで、曲の世界観を保ちながらもGeroらしさも出している動画ではないでしょうか。
ヒバナ / DECO*27
▲Gero - 『ヒバナ(Cover)』【OfficialYouTube】
人気ボカロPのDECO*27の代表曲とも言えるヒバナもカバー動画です。
この曲をカバーしている多くの男性歌い手はキーを下げているのですが、Geroは原曲キーでさらにファルセットも使わずパワフルな声で歌いあげています。
最初は英語の部分を上手く歌えるかを心配しているようですが、曲では完璧に歌えていると言う遊び心がなんとも関西生まれといった感じです。
途中のデスボイスのアレンジもしっかりと決まっています。
夏に去りし君を想フ / ダズビー
▲Gero - 『夏に去りし君を想フ(Cover)』【OfficialYouTube】
この動画はダンスボーカルユニットSLHとコラボした動画です。
キーはそれほど高くないですが、早口の部分が多く難易度も高い曲をしっかりと歌い上げています。
また、ダンスにも挑戦していますが、うまく踊れているのではないでしょうか。
動画の最後にはNGシーンも載せられており、格好良いGeroとお茶目なGeroの両方を楽しめる動画です。
NGシーンなど恥ずかしい場面も惜しげなく見せられる着飾らない性格がGeroの魅力の一つでしょう。
Geroのおすすめ曲
Geroは知名度が上がるとともに、歌い手としてだけでなく歌手としても活躍していきました。
中でも有名なのが、HoneyWorksではないでしょうか。
HoneyWorksでは歌手だけではなく声優も務め、映画やアニメも大人気作品になりました。
他にも自分で曲作りをするなど、新しいことにも積極的に挑戦しています。
ここでは、Geroのおすすめの曲を紹介します。
金曜日のおはよう
▲HoneyWorks feat.Gero - 『金曜日のおはよう』【OfficialYouTube】
金曜日のおはようはGeroの代表曲とも言えます。
もともとは、GeroがMCを務めていた「めざましテレビ」の一つのコーナーで流すための曲だったのですが、絶大な人気を誇る曲にまで成長しました。
Geroのパワフルな声が曲に見事にマッチしています。
学生のキュンとするような片思いをキャッチーなメロディの乗せており、聴くと元気になる一曲です。
また、この歌は男目線と女目線の歌詞があり、それぞれの片思いを楽しめるのも魅力の一つでしょう。
金曜日のおはよう 歌詞 「Gero」
https://utaten.com/lyric/ac18072012
うどん
▲Gero - 『うどん』【OfficialYouTube】
うどんはGeroのライブで一番盛り上がる曲と言われています。
完全にネタに走っている一曲ですが、荒々しいシャウトなどGeroの歌唱テクニックが存分に楽しめる一曲です。
MVにはヒャダインも出演していることでも話題になりました。
ライブではタオルを振り回して、大声でコールアンドレスポンスをするのが定番になっているようですよ。
うどん 歌詞 「Gero」
https://utaten.com/lyric/jb51401078
水曜日の約束
▲Gero - 『水曜日の約束』【OfficialYouTube】
水曜日の約束はHoneyWorksがGeroに楽曲提供した、金曜日のおはようなどの曲の続編になる曲です。
明るい曲調でアップテンポな曲がGeroの張り上げるような歌い方にピッタリですね。
この曲も男目線と女目線の歌詞があり、MVを見ながら聴くとより楽しめます。
金曜日のおはようと同じギターのフレーズが使われているなど、遊び心満載の一曲です。
水曜日の約束 歌詞 「Gero」
https://utaten.com/lyric/ma20082652
Geroは歌い手だけでなくマルチの活躍している!YouTubeの歌ってみた動画を観てみよう
Geroの高い歌唱力は多くの人からも人気で、歌い手の枠を飛び出して歌手やYouTuberなどどんどん活動の場を広げています。
ただ歌が上手いだけでなく、ネタ要素を取り入れて見ている人を元気にしてくれるような動画を投稿しているのも魅力の一つでしょう。
これからもGeroの活躍に目が離せません。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着