倖田來未、ブレイク期の
アルバム『Black Cherry』で
“エロかっこいい”とは
何だったのかを改めて考える

意外にも歌詞は“エロ”成分が少なめ

正直に白状すると、倖田來未をアルバム一枚分聴くのはこれが初。シングルにしてもこれまで自発的に聴いたことはなかったと思う。そこは予め告白しておく。その上で、想像していた以上に(と言うべきか、以下…と言うべきか)本作の歌詞には“エロ”成分が少ないと、率直に感じたところだ。後述することになると思うが、“カッコ良い”は結構ある。だが、“エロ”はほとんどないと言ってもいいんじゃないかというくらいない。1:9か、0.5:9.5程度だと思う。それっぽいのはM2「Get Up & Move!!」、M6「Puppy」、M9「JUICY」辺りだが、M2は具体性に乏しいし、M6はタイトル通り犬の話だろうから、直接的にエロスを感じさせるのはM9で、それにしても驚くほどの内容でもない。中年オヤジとしてはM15「ミルクティー」に期待(?)したが、どうもシーナ&ロケッツ「レモンティー」とは勝手が違っていた。“エロ”成分が少なめな代りに…と言っては何だが、細やかな機微を描いた歌詞が多い。別れ歌も少なくない。例えば、この辺──。

《信じたかったんだ/あなたが王子様だと/どれだけ 愛で確かめあったのに/悲しみの海で溺れそうな想い 今は/あたしは おとぎ話の/人魚姫 Tired》《当ての無いあたしは/ユラユラ 人魚のように/行き先決まらないまま どうすればいい?/約束したじゃない!??/Happy endじゃないの?もう/あたしは 結ばれない/人魚姫 Tired》(M3「人魚姫」)。

《君のすべてを/誰よりも そう/こんなに想っているのに/また今日も一人/目が覚めたなら/叶わない夢 知りながら/君に溺れてく》《今も捨てられない/君の ライターや タバコのかけら/また時間が たてば すねながら 君が/帰って くる様な 気がして》(M4「夢のうた」)。

《夜になるとほんと/切なさが ぎゅっと/どうしようもなくて》《一番近くにいたはずだったのにね/もういない》《あなたが これから/守ってゆく あの子へ/ふたりで これから/キャンドルライトを/灯していてね》(M10「Candle Light」)。

《寂しいと想う夜に/雪となり 空から舞い降り/君のこと包み込む/今すぐ抱きしめるから/忘れないで/ふたり過ごした時間を…》《守るべきものを/やっと見つけたのに/近くにいるのに守れない/夢と現実 交差する》(M13「運命」)。

エロくないばかりか、M4などはストレートにカッコ良いと言えない様子も描いている。もっとも、M7「恋のつぼみ」、M11「Cherry Girl」、M12「I'll be there」など、それらの対極とも言うべきアグレッシブな姿勢を綴ったラブソングもあるので、明暗のバランスがどちらかに偏っているわけではないのだが、いずれにしてもエロくはない。そこは意外だった。ある意味で全方位的と言えるかもしれない歌詞世界は、はっきり言えば、ちょっと拍子抜けだったかもしれない。しかしながら、それを“女性らしい”と言ってしまうのはこの令和の世においてはご法度なのだろうが、その柔らかな描写を発見できて良かったとも思う。多分、“エロかっこいい”の“エロ”≒“エロス”は中年オヤジが想像するようなものではなく、性愛寄りのラブと言った認識でいいのかもしれない。そこにはリビドーがなくはないけれど、『Black Cherry』においてはそれが前面に出てはいないのは間違いないし、彼女側もそういう認識だったであろう。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着