倖田來未、ブレイク期の
アルバム『Black Cherry』で
“エロかっこいい”とは
何だったのかを改めて考える

R&Bとロックのカッコ良さ

もっとも、『Black Cherry』でのサウンドの傾向からすると、リビドーも含んだ性愛を意識していた節もなくはない。というのも、その辺は説明するまでもないことかもしれないが、本作は(というよりも倖田來未というアーティストのスタイルなのかもしれないが)コンテポラリーR&B要素も強い。M1「INTRODUCTION」~M2「Get Up & Move!!」、M8「WON'T BE LONG 〜Black Cherry Version〜」、M9「JUICY」辺りのダンスチューンがそうだし、バラードにしても、M4「夢のうた」やM10「Candle Light」にその面影がある。本場のコンテポラリーR&Bのリリックにはセクシャルな要素も多いと聞く。メロディアスに歌い上げるミッドチューンであってもその歌詞がしょうもない下ネタ…なんてこともあるという。

日本より先に全米でデビューし、ブレイク前まではテレビ出演よりもクラブ中心で活動していたというプロフィールからすると、本場のR&Bをやろうという意識は強かったのだろうし、そうなるとそこにエロスは必要条件である。勢い“エロカッコいい”となったとしても納得…というか、分からなくもないとは思う。それほどにサウンドはシャープでカッコ良い。コンテポラリーR&B、とりわけ米国の女性シンガーに詳しくない自分のようなものでも本場っぽく感じる。『Black Cherry』は半可通の自分でも“2000年代のR&Bサウンドはこんな感じだったんだろうなぁ”と思わせるに十分な作り──当時の先端スタイルであったのは間違いないと思う。ちなみに、M5「月と太陽」はR&B色は薄い印象ではあるけれども、オートチューンを駆使しているのがポイント。当時の日本でケロケロヴォイスを取り入れるのが結構、早かったことも分かる。

カッコ良いのはR&Bだけではない。『Black Cherry』ではカッコ良いロックサウンドを聴くこともできる。まず印象的なのはM3「人魚姫」。M1~M2から一転、深めのディレイがかかったエレキギターが聴こえてきて、世界観が一変するのが面白い。いわゆるラウドロックに分類していいだろうか。間奏で暴れているギターソロもいいし、フィルがいかにもパワー系のドラムもシャープでいい。はすっぱな印象の歌い方は若干意外な気もするが、これはこれで楽曲に合っている。ロックサウンドはM11「Cherry Girl」も同様。ダンスチューンという趣きが強めではあるものの、重めのエレキギターにロックスピリットが垣間見れる。こちらもまたいなせな歌い方がなかなか堂に入っていて、かなりいい感じだ。R&Bにしてもロックにしても、スタイリッシュな彼女の凛とした佇まいでパフォーマンスされたことを考えると、エロスはともかく、シンガーとしてかっこ良かったことは疑うまでもなかろう。

この『Black Cherry』のジャケットに写る彼女はシックな印象ではありのだが、最近の作品でも倖田來未はかなり露出度の高い出で立ちではあるので、ビジュアル面ではエロスを感じさせるところは否定できないと思う。そんなところで、“エロカッコいい”という形容が出来上がったのだろうし、それで概ね間違いないとも思う。こうして本作を検証したところにおいては、エロは要らなかったのかなとも思うが、何も知らない状態では──筆者自身が今も“倖田來未と言えば、やっぱり“エロかっこいい”でしょう!”となったことを考えると、ファン以外に向けたイメージ戦略としては正しかったようだし、それは大成功したと言える。結局、自分はまんまと彼女らの術中にハマっていたことを知ったのであった。

TEXT:帆苅智之

アルバム『Black Cherry』2006年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.INTRODUCTION
    • 2.Get Up & Move!!
    • 3.人魚姫
    • 4.夢のうた
    • 5.月と太陽
    • 6.Puppy
    • 7.恋のつぼみ
    • 8.WON'T BE LONG 〜Black Cherry Version〜
    • 9.JUICY
    • 10.Candle Light
    • 11.Cherry Girl
    • 12.I'll be there
    • 13.運命
    • 14.With your smile
    • 15.ミルクティー
『Black Cherry』('06)/倖田來未

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着