大谷亮平、ミュージカル『ボディガー
ド』で再演、レイチェルを命がけで守
る姿を通して「少しでもフランクに恋
をしてもらいたい」

2020年、日本キャスト版の初演が東京・大阪で上演される予定だったミュージカル『ボディガード』。だが、コロナ禍の影響で幕が開いたのは全33公演のうち大阪公演5回のみだった。観劇がかなわず、涙をのんだファンも多かった本公演の念願の再演が決定した。しかも、日本キャスト版初演でヒロインのレイチェル・マロン役を担った柚希礼音新妻聖子が再び出演、再演ではトリプルキャストでMay J.も参加することが明かされた。
ミュージカル『ボディガード』は、1992年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で世界的大ヒットを記録した同名タイトル映画の舞台版。2012年にイギリス・ウェストエンドで初演され、2019年9月には英国キャストが来日公演を果たした。
劇中、グラミー賞受賞曲「I Will Always Love You」をはじめ映画の楽曲がふんだんに使用されるだけに、本公演でも3人の「歌姫」がそれぞれの個性を発揮しながら、圧巻の歌声で聴かせてくれるに違いない。日本キャスト版初演からさらにパワーアップしたミュージカル『ボディガード』。本公演について、レイチェルを守るボディガード、フランク・ファーマーを演じる大谷亮平が大阪市内での取材会に出席、作品への思いや意気込みを語った。
2020年の日本キャスト版初演が初めての舞台経験だった大谷。不安と期待が入り混じる中で稽古を重ね、初日を迎えたと振り返る。
「実際に舞台に立たないと分からないことが多かったので、初日はお客さまのリアクションを伺うようなスタートだったと思います。お客さまに表現が届いているんだなという事を感じ、思ったより冷静にスタートを切れたんじゃないかと思います」
大谷演じるフランク・ファーマーの、レイチェルを命がけで守る姿が見どころの一つ。日本キャスト版初演でも「お姫様だっこ」が話題を呼んだ。「一人の女性を愛し、命がけで守るというのは、女性からするとキュンキュンするんじゃないかなと思います。舞台をご覧になる方に少しでもフランクに恋をしてもらえるよう演じたいと初演の時も思っていました」とし、今回も演じ切りたいと意気込む。
大谷亮平
レイチェル役はトリプルキャスト。この取材会の時点では初参加のMay J.とは顔合わせ前だったが、「柚希さんと新妻さんとは違う魅力を感じます。May J.さんはどんなレイチェルなんだろうとか、お芝居、歌、ダンスと、どんなパフォーマンスをされるのだろうと、役を通して出会える楽しさや喜びがあります」と期待を寄せ、「ヒロインが3人になったことで、一回一回を更に新鮮な気持ちでできると思う」と話した。
柚希礼音、新妻聖子については、それぞれの魅力を次のように語った。
「柚希礼音さんは(宝塚歌劇の)男役トップであられて、男性の圧に引けを取らないパワーを感じていましたが、キュートで可愛らしい面もあって、そこがレイチェルにも反映されていました。一方、新妻聖子さんはリーダーシップがあって、物語の前半でレイチェルとフランクがぶつかり合う場面でも力強く向かってこられる感じで。お二人それぞれのレイチェルが魅力的で、演じる上ですごくプラスになりました」
それぞれのレイチェルに対して、意識的に演技を変えるつもりはないという。
「これは自分の性格もあるかもしれないですが、自然に受けていけたらいいなと。それぞれのキャラクターは違っても、セリフや状況設定は変わらないので「レイチェルは一人」という考えで、彼女を愛していく過程を観せられたら」
前回、初めてミュージカルに出演して新たに感じたこともあった。
「すごく不思議な感覚だったんですけど、曲やダンスのパートに入ると、自分が踊ったり歌ったりするわけじゃないのに勝手に気持ちが盛り上がっていくんですよね。そこに感化された自分に非常に驚きました。自分の芝居パートの間に曲が入って、そのことで次の自分の芝居がさらに盛り上がっていくという一体感を感じながら参加できたのは、ミュージカルならではだと思います。物語はサスペンスの要素もあるので、音楽パートに負けないよう、自分達は芝居のパートでバトンを渡すような、そういう気持ちでいましたが、やっぱりすごいですね、歌とダンスのパワーは。近くで観ていて「勝てないな」と思っちゃいました(笑)」
舞台はその日、その時の1回勝負。一度幕が開いたらノーミスで演じ切らなければいけないというプレッシャーがあるものの、だからこそ感じるものがあると語る。
「そのプレッシャーが2倍、3倍になって、喜びとして返ってくる。上演中はその役として生きられます。初演でも本番を迎えるまではとんでもない不安と緊張がありましたが、「幕が開いたからにはこの役で最後まで行くんだ」という、楽しさに変わっていきました」
「初演から約2年の間に積み上げたものを生かしたい」と再演への思いを込める。「より良い作品をお贈りしたい。お客様には劇場で観て、感じてほしいです」といざなった。
取材・文・撮影=Iwamoto.K

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着