江口のりこが岩井秀人プロデュース『
いきなり本読み!』に出演決定 最新
公演の映像配信もスタート

2021年12月22日(水)東京国際フォーラム・ホールCにて行われる、劇団ハイバイ主宰 岩井秀人がプロデュースする、 初見の台本読みライブ『いきなり本読み!』。皆川猿時、岸井ゆきの、大東駿介、加藤諒の出演が発表されていたが、この度、江口のりこの出演が決定した。
『いきなり本読み!』は、「出来上がった作品を見るより、稽古場の方が絶対おもしろい!」そんな岩井秀人の発想から生まれた本公演。上演する作品は当日までシークレット。本番のステージ上で、初めて台本を開いた俳優たちが、岩井の進行のもと、さまざまな”役”を演じ、約束された役作りも演出もなく、普段は観客に⾒せることのない”素”の表情をさらす、まさに裸⼀貫で台本に挑む俳優の姿を垣間見ることができる公演。一夜限りのキャスティングのため、この場でしか⾒ることが出来ない、出演者たちの化学反応も見どころのひとつ。「俳優」「台本」「演出」というそれぞれの役割が絡まりあいながらダイナミックにドラマが立ち上がっていく様子を、その場で見て、感じることができる。
さらに、水川あさみ、荒川良々、池谷のぶえ、藤井隆が出演し、終演後、絶賛ツイートが飛び交った「東京建物 Brillia HALL 公演」の配信も本日よりスタートする。

『いきなり本読み! in 東京建物 Brillia HALL』公演より   (c)坂本彩美
『いきなり本読み! in 東京建物 Brillia HALL』公演より  (c)平岩享

視聴券代は980円(※別途手数料あり)。未見の方はもちろん、劇場ですでに観た方ももう一度、この公演でしか観ることが出来ない、豪華俳優陣の熱演が堪能できる。大晦日まで何度でも視聴可能だ。
岩井秀人よりメッセージ(東京国際フォーラム公演)
この『いきなり本読み!』、昨年2月に、コロナとほぼ同時に産声をあげ、200人キャパから1年経たずに1500人キャパへと大躍進。そして迎えた2年目である今年は、宮藤官九郎さんを演出にお招きして生配信、そしてWOWOWでのシリーズ放送もめちゃんこ評判がよく、「本番の俳優だけじゃなく、稽古場の俳優たちの雰囲気も伝えたい」という、なかなかシックな主張が、お客さんたちに喜んでらえたのだと、自負っております。
「自負っております。」って良いですね。みんなも使ってください。打ち間違えただけだけど。
さて、今年の国際フォーラムでの『本読み!』ですが、強⼒な布陣で、蔓延する「なんだかな〜!」な雰囲気の年末を笑い⾶ばせればと思います!
皆川猿時 さんには第1回に参加してもらって、劇場が揺れるほど笑わせてもらいました。
元々、この『本読み!』は、稽古場での皆川さんを⾒て思いついたと⾔っても過⾔ではないのです!
ありがとう皆川さん! そしてこれからもおんぶに抱っこします!
初回、WOWOW版を経て、3回⽬の出場です! めちゃ楽しみ!
岸井ゆきのさんも第1回以来の出場でございます。
もう⾔わずもがなの実力派でして、皆川さんと同じく「本当に初⾒か?」と、毎回のように疑いがかかるレベルなので、それだけでも必⾒です! 切ないシーンとか⼤事なシーンは頼んだぞ!
⼤東駿介さんは、松尾スズキさんの映画でご⼀緒させてもらって、軽薄なのに背後にうっすらと横たわる「仕⽅なさ」みたいなのが、ずっと気になってて、それ以降あちこちで⾒ては「そんなことも出来るんだ!」と驚かされております! 果たして初⾒でもその「仕⽅なさ」が飛び出すのか!
加藤諒さんも初出場となります!
僕が思う良い俳優さんって、「年齢や性別が吹き飛んでいる」なのですが、まさに加藤さんは5歳と⾔われれば「そっか」と思えるし、「実は70歳のおばあちゃんなんです」と⾔われれば、「お〜、そうでしたか︕お若いですね!」と⾔いかねない雰囲気が⼤好きで、きっと初⾒でもあの明るいオーラを放ったまま、受け取る側に遊びに満ちた⾃由な想像を与えてくれることと思います!
そして、ようやくラスト一人が決まりましてアガっております!
⾔わずと知れたシリアッサー(シリアスもできるぜの意)でありながら、おもろーな女優さんの代表でございます、江口のりこ さんのご登場です!
最近だと『俺の家の話』にて、クールなツッコミを全て天に召し続けていた姿が印象的でした。
年末に、すでに発表した4人の名優たちでも⼗分なキャスティングだと思っていましたが、ここに江口さんが加わることで「こんな時代だからこそ、転びながらお互い笑おう」に拍⾞のかかった『いきなり本読み!』になることと思います! お楽しみにすぎる!
年の瀬にこれ以上なく縁起の良さそうな福の神たちが集まったかと思います。七福神ならぬ「五福神」として、舞台上にて初めてご対面の台本に全身で飛び込んで大怪我しながら笑っていただく所存です!
よろしくお待ちしております!
岩井秀人よりメッセージ(映像配信:東京建物 Brillia HALL 公演)
みなさま〜! 『いきなり本読み︕ in 東京建物 Brillia HALL』が、いよいよ配信されます!
Twitter上で「神回」呼ばわりされたアレですよ︕
今回は岩井のふざけた台本ではなく、ヨーロッパ企画の上⽥誠さんの⼤々々名作『来てけつかるべき新世界』に、初⾒で突撃しました!
荒川良々さん、⽔川あさみさん、池⾕のぶえさん、藤井隆さんというどうやっても⾯⽩くなるはずの⾯々で、岸⽥國⼠戯曲賞受賞の『新世界のドヤ街』と『来るべきサイバーフューチャー』のミクスチャ台本の世界を、SASUKE ばりに 0.1 秒で対応し続け仕上げ続けます。
このキャストなのに、ほぼ全員おじいちゃんだったりの時間がありながらもすったもんだし、やがて訪れる「じじいたちと未来の邂逅」。
岩井の台本では絶対に訪れない、感動の瞬間が訪れます。
ぜひご覧あれ〜!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着