藤正樹と竜小太郎が<二人のビックシ
ョー>開催、往年のビッグ歌手&俳優
の共演にファンは熱狂

演歌歌手で作曲家・藤正樹と俳優・竜小太郎が12月7日、東京・渋谷区の古賀政男音楽博物館・けやきホールで<二人のビッグショー~あれからウン十年~>と銘打ったジョイントコンサートを開いた。

藤は、日本テレビの伝説のオーディション番組「スター誕生!」で第6回グランドチャンピオンになり、1973年、15歳のとき、ホリプロから「演歌の怪物ハイセイコー」のキャッチフレーズでデビュー。その年の新人賞を総ナメし、70年代の歌謡界を風靡した。

一方、竜は、関西を中心に大衆演劇界で活躍し、「浪花のチビ玉」と呼ばれて人気を博した。その後、舞台だけではなくテレビ界でも大活躍し、TBS系「水戸黄門」やNHK大河ドラマ「風林火山」など数多くのドラマに出演。艶やかな女性を表現するために流し目を使い、「流し目のスナイパー」とも呼ばれた。また、歌手としても活躍。
この日は、そんな輝かしい経歴を持つ2人のほかに、なぎさwith、高木ちえ美、美月優の3人の女性歌手を加えた全5アーティストが共演。牧野尚之が司会を務める中、竜が10歳のときに発売したデビュー曲「紅色恋歌」、藤がデビュー曲「忍ぶ雨」を歌ってから2人でトークショーを披露。
その中で、7歳のときから40年にわたって芸能活動を行っている竜は「7歳でチビ玉として出させていただいて、人気が爆発したとき、『竜小太郎に歌わせてみたらどうか』ということで東芝EMIさんからデビューさせていただきました。僕の先輩でもある舟木一夫さんから『おまえはいい声をしているから歌ってみたら…』と言われたのがきっかけで、こうして歌うことになりました」。
15歳でデビューして、来年で50周年を迎える藤は「同じ事務所に所属していた山口百恵さんとは、出身番組が『スター誕生!』と同じで、1カ月違いの同期でした。結婚してからはほとんどお会いしたことはありませんが、昔は2日に一度ぐらいご一緒していました」と懐かしそうに話していた。その後、なぎさが「ゴザーレさいたま」、高木が「未練でしょうか」、美月が「波の伊八」などを歌唱。
後半は、竜と藤のオンステージで、藤が「男女の川」「新宿旅鴉」など5曲、続いて藤が、オリジナルヒット曲「あの娘がつくった塩むすび」をはじめ、昭和の名曲カバーから春日八郎の「別れの一本杉」、舟木一夫の「高校三年生」、内山田洋とクール・ファイブの「長崎は今日も雨だった」、それに自身が作曲した「「昭和の詩(ウタ)」などメドレーを含めて12曲をそれぞれ熱唱。

フィナーレは、出演者全員で「東京ラプソデ」を歌い、全27曲のプログラムで最後まで大勢のファンを存分に楽しませた。

(提供:サンニュース)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着