つやちゃんのフィメール・ラッパー
連載が書籍化 国内女性ラッパーの功
績をまとめた1冊

サブスクリプション型WEBメディア「KAI-YOU Premium」にて2020年からスタートした『「フィメールラッパー」という現象』が書籍化。『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』として1月28日(金)に発売される。

■ 「フィメールラッパー」という現象(KAI-YOU Premium)(https://premium.kai-you.net/series/femalerapper)

著者は「ele-king」や「ユリイカ」「Quick Japan」などでも執筆活動を行い、宇多田ヒカルへの最新インタビューでも話題を読んだつやちゃん。日本のラップ・ミュージック・シーンにおいて、これまで顧みられる機会が極端に少なく、体系的に論じられることのなかった女性ラッパーへの批評を通して、その功績を明らかにすると共に、ヒップホップ界のジェンダー・バランスおよび“フィメール・ラッパー”という呼称の是非についても問いかける1冊だという。

書籍化にあたって加筆・修正も行われ、書籍版オリジナルとして女性ラッパーへのインタビューや書き下ろしコラムなども掲載。RUMI、COMA-CHI、MARIA(SIMI LAB)、Awichちゃんみな、NENE(ゆるふわギャング)、Zoomgalsなど、パイオニアから現在シーンの第一線で活躍するラッパーまでを、各章でひとりずつ取り上げて論じるほか、chelmico『maze』、lyrical school『Wonderland』といった2021年リリースの最新作品まで含むディスクガイド(約200タイトル)も併録。安室奈美恵加藤ミリヤ青山テルマ安達祐実など、狭義の“ラッパー”に限らない幅広いセレクションを通してフィメール・ラップの歴史が見えてくる内容になっているとのこと。


【リリース情報】

『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』

つやちゃん[著]
四六/並製/280ページ予定
予価:本体¥2,200 + Tax
ISBN:978-4-86647-162-4

■書籍詳細(https://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK320)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着