『マトリックス レザレクションズ』
が過去の『マトリックス』と交錯する
“デジャヴュ”映像 シリーズ第一作
の初IMAX(R)上映も発表

12月17日(金)公開の映画『マトリックス レザレクションズ』より、特別映像“デジャヴュ”編が解禁された。
『マトリックス レザレクションズ』(原題:THE MATRIX RESURRECTIONS)は、キアヌ・リーブス演じる“救世主”ネオと仲間たちが仮想世界と現実で繰り広げる戦いを描いた『マトリックス』シリーズの最新作。シリーズ3作目となる前作『マトリックス レボリューションズ』以来、約18年ぶりとなるタイトルだ。監督は『マトリックス』シリーズ全作品でメガホンをとってきたラナ・ウォシャウスキー氏。キャストでは、ネオ役のキアヌ・リーブス、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミス、メロビンジアン役のランバート・ウィルソン、エージェント・ジョンソン役のダニエル・バーンハードらが過去シリーズから続投。新キャストとして、ネオを導くモーフィアス役でヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(『アクアマン』)、ネオの宿敵エージェント・スミス役でジョナサン・グロフ(Netflixオリジナルシリーズ『マインドハンター』)、ニール・パトリック・ハリス、クリスティーナ・リッチらが名を連ねている。
公開された映像は、これまでの『マトリックス』シリーズと『マトリックス レザレクションズ』のシーンが交錯するかのような構成のもの。キアヌ・リーブス演じる主人公ネオの前に黒猫が現れるシーンからはじまるこの映像では、仮想世界「マトリックス」にバグが起きた際に起きる“デジャヴュ”現象がキーとなっている。

ネオが赤いピルを飲み、人類がAIによって支配されている現実世界で目を覚ます。その後は、年齢を重ねたネオが再び現実世界でプラグに繋がれるシーン、弾丸を避ける場面や、ネオと宿敵スミスの戦い、皮膚の癒着により口元が塞がれるカットなど、過去作と最新作がリンクするような場面が続く。そして、トリニティー(キャリー=アン・モス)が崩れ去り、繰り返される「デジャヴュはマトリックスにバグを起こしたときに起きる」という言葉は何を意味するのか。
また、『マトリックス』シリーズの第1作が初めてIMAX(R)で上映されることも明らかに。12月10日(金)から12月16日(木)までの1週間限定での上映を予定している。
『マトリックス レザレクションズ』は12月17日(金)全国ロードショー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着