2021年間USEN HIT演歌/歌謡曲ランキ
ング1位は氷川きよし「南風」が獲得

2021年間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキングは、氷川きよし「南風」が見事1位を獲得した。

2000年に「箱根八里の半次郎」でデビューして以来、演歌界をけん引し続け、22年連続で「NHK紅白歌合戦」への出場が決定している氷川きよし。彼が今年リリースした「南風」は、世の中全体に北風が吹いたであろうこの時代に、背中を押してくれるような温かい歌で多くの支持を得て、堂々の1位となった。

2位には、令和元年5月にデビューした新浜レオン「さよならを決めたのなら」がランクイン。「ダメ ダメ…」とのダブルA面シングルで、伸びのある甘い歌声を生かした楽曲がUSENリスナーの心を掴んだ。爽やかなルックスとキラキラした若さも人気の新浜レオン。今後の活躍にもますます期待が高まる。

さらに3位にランクインしたのは純烈の「君がそばにいるから」。映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』の公開で彼らのルーツとなる戦隊ヒーローを演じ、銭湯で歌う歌謡曲のアイコンともなっている純烈の健闘も光った2021年。バイタリティあふれる演歌歌謡曲歌手が活躍した今年のUSEN HIT 演歌/歌謡曲ランキングとなった。

2021年間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキ
ング

期間:2020年11月27日 ~ 2021年11月11日
提供:
順位
タイトル
アーティスト



「南風」
氷川きよし



「さよならを決めたのなら」
新浜レオン



「君がそばにいるから」
純烈



「酔わせて候」
山崎ていじ



「浮世傘」
三山ひろし



「古傷」
山内惠介



「とまり木(ロックバージョン)」
かとうれい子



「熊本ブルース」
髙宮城せいじ



「秘桜」
市川由紀乃


10
「命の河」
すがあきら

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着