P丸様。初のワンマンライブ 両国国技館バーチャルライブレポート!

P丸様。初のワンマンライブ 両国国技館バーチャルライブレポート!

P丸様。初のワンマンライブ 両国国技
館バーチャルライブレポート!

P丸様。初のワンマン「Peace Parade!!」ライブレポ

YouTubeやTikTokなどを中心に動画クリエイターとして活躍するかたわら、オリジナル曲も多数発表するマルチクリエイター・P丸様。初のワンマン『両国国技館バーチャルライブ「Peace Parade!!」』が、12月11日(土)、12日(日)に両国国技館で開催された。
P丸様。「シル・ヴ・プレジデント」は拷問ソング?裏切りを許さない怖すぎる歌詞の意味を考察
https://utaten.com/specialArticle/index/6251
P丸様。にとって2020ー2021年は、動画クリエイターとしての活動に加え、歌って踊るアーティストとしての活動も本格化させた年だった。
自作のイラストを使ったショートアニメ動画をアップしてきたP丸様。は、2020年にすとぷりのななもり。を迎えた初のオリジナル曲「ガチやべぇじゃん feat.ななもり。」を発表して以降、声優としてもかかわった『妖怪学園Y 〜Nとの遭遇〜』の楽曲や、今年発表の1stアルバム『Sunny!!』など音楽活動を本格化。
TikTokでミーム化してYouTubeの再生回数が5000万回を越えた「シル・ヴ・プレジデント」や「ときめきブローカー」「メンタルチェンソー」といったヒット曲が生まれ、今年の誕生日となる9月30日には、3Dモデルお披露目を兼ねた無料配信ライブも開催。リアルタイムで約10万人が視聴した。
今回の『Peace Parade!!』は、そのライブで告知された自身初の有観客でのワンマン公演。ここでは12月11日(土)の公演をレポートしたい。
両国国技館バーチャルライブ「Peace Parade!!」レポート
この日集まった観客は男女の比率がほぼ半々、中には小さな子供の姿もある。照明が暗転して観客のペンライトが一面黄色になると、まずはOP映像がスタート。
ノートに描かれたP丸様。のイラストに徐々に色がつき、自身の楽曲をミックスしたヒップホップビートが鳴ると、大小3つのたまごの殻をモチーフ的にあしらった特設ライブステージが登場。
ステージに向かう胸の鼓動や足音が聞こえてP丸様。が颯爽と登場すると、「両国〜!最後まで盛り上がっていこうね!!」と伝えて、早速「シル・ヴ・プレジデント」でライブがはじまった。
ナナホシ管弦楽団の提供曲「シル・ヴ・プレジデント」は自身最大のヒット曲であり、ライブ映えもするアップテンポな楽曲。
カラフルな照明が楽曲に合わせて忙しなく切り替わり、ステージ奥のスクリーンにMVの映像も流れる中、「宣誓!」と手を上げるお馴染みの振り付けでパフォーマンスをはじめると、観客を「はい! はい!」と煽りながらキレのあるダンスと歌で魅了する。
観る方も自然と体が動いてしまうような、ポップで楽しそうな雰囲気がいかにもP丸様。らしい。続いて「サビを一緒に踊ってね!」と伝え、同じくナナホシ管弦楽団が手掛けた「ときめきブローカー」へ。
この曲は移り気な彼への乙女心を歌った楽曲。サビの「ココロに矢を放つ」の部分で弓矢を放つような振りを観客にもうながして盛り上げた。
ここでMCを挟み、「みんなー! 会いたかったよー!!」と初めて会場でファンと会えた気持ちを感慨深そうに伝えた後、「次の曲はめちゃくちゃ盛り上がるよ!」と「メンタルチェンソー」へ。
かいりきベアが手掛けたこの曲では、P丸様。がイントロでステージ下からジャンプをして登場。
ダンスしながら観客と手拍子をし合ったり、「ダ/ダ/ダダ/DOWN」という歌詞に対応して照明が一気に下がったりと、歌詞や楽曲と連動する演出が印象的だった。
続いて、同じくかいりきベアの楽曲「ルマ」をカバー。P丸様。と「ルマ」と言えば、この楽曲をカバーしたななもり。の囁くような「愛を頂戴」の言い方について本人とワイワイ話していた動画も記憶に新しい。
この日はP丸様。が、自分らしいポップな雰囲気で熱唱。サビのリズミカルな歌&振り「ダダダダダ/ワオーン!」もばっちりキメて盛り上がった。
ここで一旦暗転すると、空中にバーチャルなスクリーンが現われ、P丸様。が普段からアップする動画コンテンツ「ゆるふわ〜」シリーズのうさぎさん&くまくん&りすくんが登場。
この公演をテーマにした「ゆるふわ〜」の特別編がはじまる。日常的に活動している自身の動画クリエイターとしての顔を伝えるユーモア満載の映像に観客が爆笑することとなった。
以降は『Sunny!!』の楽曲を3連発。ぷす(fromツユ)が手掛けた「シャーベット」では、高台的な役割を果たすたまご型セットの殻の上に立ち、疾走感のあるギターサウンドに合わせて歌唱。
続く尾崎世界観(クリープハイプ)&キタニタツヤの提供曲「ならばおさらば」では、たまご型セットの中央にスタンドマイクが現われ、スポットライトを一心に受けて熱唱。
途中スタンドからマイクを抜き取って、ステージの端の観客のもとまで行く姿も印象的だった。
そして和田たけあきの提供曲「グリングリン」では、一転してグリーンの照明が会場を包み、P丸様。が「みんな一緒に!」と促すと、観客がペンライトを高く掲げて盛り上がる。
最後にマイクを宙に投げるとパッと消える演出はバーチャルライブならではだった。
続いて、ふたたび会場にスクリーンが浮かび、動画コーナーの第2弾がスタート。
ここでは「お嬢様と執事」シリーズから、全身『Peace Parade!!』のグッズを身に着けたお嬢様と執事が登場し、観客にペンライトで答えるクイズを出題。
普段は動画コンテンツとして楽しむ人気キャラクターたちと双方向的にやりとりできるライブならではの展開で盛り上がった。
ここからはライブの後半。「Magical Word」以降はたまごの殻から降りて、観客と近い距離でパフォーマンス。
TeddyLoidが手掛けたEDM調の楽曲に合わせて青と紫のレーザーが光り、P丸様。の衣装もネオンのように発光して会場全体が巨大なクラブのような雰囲気に。
続いてYOASOBIのAyaseが提供したすとぷり・さとみの楽曲「ワンダラー」のカバーがスタート。
ピンクの照明を浴びてリズミカルに踊りながら、カッティングギターが印象的なディスコファンクを歌いこなし、予想外のカバー曲に観客もさらに盛り上がっていった。
続いて、「大物ゲストさんに来てもらいました!」と伝えると、ステージにすとぷりのななもり。とジェルが登場!
すとぷりとP丸様。といえば、P丸様。がすとぷりの公式マンガ連載を担当した他、お互いの動画コンテンツにも登場する気心の知れた仲。
この日は「お願いマッスル」で知られる烏屋茶房&篠崎あやとの提供曲「ガチやべぇじゃん feat.ななもり。」を3人で披露し、揃いのラップやポーズをキメて会場をますます盛り上げる。
ななじぇるの2人が「引き続き、ジェルのワンマンライブ楽しんでねー!」「ジェルくん何言ってんの。行くよ」とボケながら帰っていく様子も含めて、終始楽しそうな雰囲気が印象的だった。
その後は、自身の初オリジナル曲となった「ガチやべぇじゃん」を初めて受け取ったときの思い出を振り返り、「次歌う曲も、思い出深い曲」と伝えてはじまったのは、今年リリースした「シル・ヴ・プレジデント」や「ときめきブローカー」を手掛けたナナホシ管弦楽団の楽曲で、P丸様。が2017年に「歌ってみた」でカバーした楽曲「おねがいダーリン」。
今年のヒット曲が生まれるきっかけのひとつとも言えそうな思い出の楽曲を、当時のイケボ風の声も混ざった歌い方とは違う終始キュートな雰囲気でカバー。
続いて『妖怪ウォッチJam 妖怪学園Y 〜Nとの遭遇〜』のED曲のひとつ、「侵略魔少女エルゼメキア」を披露した。
観客との写真撮影を経て、本編最後は最近リリースした新曲を2曲披露。今月10日にリリースしたピノキオピーの提供曲「ちきゅう大爆発」は、「uh」「ah」という吐息交じりのコーラスが楽しいエレクトロポップ。
歌詞に対応した「ズキュン/バキュン/ドキュン/バキュン/ちきゅう大爆発/どっか~ん」というサビの振り付けも印象的だ。
この日は1番の終わりの「どっか~ん」で巨大なぴよ丸も登場。P丸様。の歌に合わせてぴよ丸の動きや表情が連動する仕掛けが楽しい。
続く10月末に発表した真島ゆろの提供曲「ないばいたりてぃ」ではカラフルな照明を受けながら、手を叩いてジャンプしたり、ステージの両端いっぱいまで観客に手を振ったりしながら本編を終えた。
アンコールでは、「今日は人生で一番たのしかったよ! ありがとー!」と伝えた後、「活動してきて、たのしかったこと、うれしかったこと、悲しかったこと、色々ありました」と心の内を明かし、「Pちゃんを見つけてくれてありがとう。みんなのことが本当に本当に大好きです!!」と感謝を込めて『Sunny!!』のラスト曲「とっても大好きっ!」を披露。
P丸様。のもとに降りてきたカラフルな風船に掴まって空を飛ぶバーチャルならではの演出を経て、黄色&ピンク&白の風船がアリーナの客席に降り注ぎ、祝祭感いっぱいにライブを終えた。
オリジナル曲の数々や思い出のカバー曲を詰め込んだ全編は、まるで音楽活動から振り返るこれまでのP丸様。のベスト・オブ・ベスト。
ひとつの公演の中に歌い手としての魅力と動画クリエイターとしての魅力とがどちらも詰め込まれ、“楽しい”を原動力にしてポップにカラフルに振り切れていくP丸様。の魅力をぎゅっと凝縮したようなステージだった。
セットリスト
▼12月11日(土)
01. シル・ヴ・プレジデント
02. ときめきブローカー
03. メンタルチェンソー
04. ルマ
05. シャーベット
06. ならばおさらば
07. グリングリン
08. Magical Word
09. ワンダラー
10. ガチやべぇじゃん feat.ななもり。
11. おねがいダーリン
12. 侵略魔少女エルゼメキア
13. ちきゅう大爆発
14. ないばいたりてぃ
[アンコール]
15. とっても大好きっ!
▼12月12日(日)
01. Magical Word
02. ワンダラー
03. メンタルチェンソー
04. ルマ
05. シル・ヴ・プレジデント
06. ときめきブローカー
07. シャーベット
08. ならばおさらば
09. グリングリン
10. ガチやべぇじゃん feat.ななもり。
11. 登録者いらん愛くれ
12. Me
13. ちきゅう大爆発
14. ないばいたりてぃ
[アンコール]
15. とっても大好きっ!
▲12月11日(土)公演ライブ冒頭YouTube無料チラ見せ配信
▶12月11日(土)公演アーカイブ配信
【セットリストプレイリスト】
▶DAY1:12月11日(土)
▶DAY2:12月12日(日)
(文=杉山仁 写真=林 晋介、東美樹)

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着