miwa、自身初となるビルボードライブ
ツアー最終日に5年ぶりのオリジナル
アルバムリリースを発表 東名阪ホー
ルツアーの開催も決定

miwaが12月12日(日)に初のビルボードライブ『miwa Billboard Live Tour 2021 “miwa CLASSIC”』ツアーファイナル公演を開催した。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

miwaが初のビルボードライブ『miwa Billboard Live Tour 2021 “miwa CLASSIC”』を開催した。大阪、横浜、東京と廻ってきたツアーファイナル、12月12日(日)東京公演の夜の部では、5年ぶりのオリジナルアルバム『Sparkle』を2月23日(水)にリリースすることと、東名阪ホールツアーの開催が発表された。
食事を愉しむ客席の中を笑顔で手を振りながら歩いてステージに向かうmiwa。黒とゴールドの大人っぽいドレス姿でステージに立つと、デビュー前から共に歩んできたejiのグランドピアノと共に「Delight」を伸びやかに、そして表現力豊かに歌う。
miwa
最初のMCでは、久々にお客さんの前で歌える喜びを語りながら、ステージと客席の距離の近さに「めっちゃ肉眼!」と言って驚いてみせる。そのくらいよく見えると、お客さんが泣いていたりする姿を見て、自分もうるっときてしまうことがあるのだそう。また、お酒を飲みながら、お食事しながら音楽を楽しんでもらう形式のライブができるようになったことについて、お客さんと一緒に大人になったんだなぁとしみじみと語る。
そしてギタリストのオバタコウジを招いて届けたのは「friend ~君が笑えば~」。12弦ギターの柔らかい響きと優しいピアノの音色、そしてmiwaのボーカルとアコギ……10年以上という長い間一緒にライブをしてきた3人だからこそ出せる空気感が作り出すステージを、観客は目を離すことなく見守っていた。さらに新曲「アイヲトウ」では、クラップが起こり、miwaの力強い歌声が会場に響き渡る。「“miwa CLASSIC”とか“ビルボードライブ”というのは忘れて、いつものライブのように楽しみたい!と思って考えてきた」という“みんなでお楽しみにメドレー”(「春になったら」「ミラクル」「シャイニー」「君に出会えたから」)では、みんなでクラップをしたり振りをしたりしながら楽しむ。miwaもステージを右へ左へ、会場の隅々を見渡し、観客に手を振りながら歌っていた。
miwa
YouTubeチャンネルの『THE FIRST TAKE』で共演したヴァイオリンの須原杏とチェロの村岡苑子が加わり、「皆さんにとって大切な人を心に思い浮かべながら聴いてください」と言って「月食 ~winter moon~」、そしてピアノとチェロを伴奏に「片想い」を届ける。ステージ後方のカーテンが開き、冬の六本木の夜景をバックに、切なくも繊細なmiwaのボーカル、特にロングトーンが心に沁み込んでくる。再び5人で「オトシモノ」を披露。ボーカル徐々に熱を帯びていくと、続いてはストリングスアレンジで生まれ変わった「Faith」へ。もともとライブでも盛り上がるロックナンバーで、大きなクラップの中で力強いボーカル、そしてギターのフレーズを置き換えたという激しいヴァイオリンソロも大きな聴きどころになっていた。
miwa
「この会えない期間中も私の音楽を聴いてくれたり、応援してくれたり、皆さんの思いを受け取って毎日過ごしてきました。何回も歌ってきた思い出の詰まった曲ですが、この曲を書いたときに、人の思いというのは目には見えないけど、きっとこの世界にたくさん溢れていて、誰かを思う気持ちは必ず届くんだということです。その思でその人は輝けるんだ。それを頼りに生きていくということができるんだと、会えない期間中感じていました」と言って「ヒカリヘ」を歌う。アルペジオからしっとりと始まり、途中でピックを手に、ストロークにしてテンポを上げると共に、会場からクラップも起こり、一体感に包まれてライブ本編を終えた。
アンコールでは、今日の思い出にと、演奏中のスマホ撮影会を実施。ファイナルということでデビュー曲「don’ t cry anymore」を少しだけ歌ってみせる。
「また来年会える機会があることが嬉しいなと思います。今まで当たり前に“またね”と言っていたけど、それがこんなにも貴重でありがたいものなんだと、毎日感じています。今日来てくださった皆さんが来年新しい一歩を踏み出していくときに、少しでも勇気となるメッセージをこの曲から受け取っていただけたらなと思います」と伝え、最後に2022年2月8日(火)にNetflixにて全世界同時配信されることが決定した映画「神在月のこども」主題歌である「神無 -KANNA-」を心を込めて歌い、初の『miwa Billboard Live Tour 2021 “miwa CLASSIC”』を締めくくった。
miwa
ライブ本編終了後の告知映像にて、6枚目のアルバム『Sparkle』のリリースが発表された。2018年にリリースされたベストアルバムを挟み、オリジナルアルバムとしては2017年の『SPLASH☆WORLD』以来実に5年ぶりとなる。TBS系金曜ドラマ『凪のお暇』の主題歌でヒットを記録した「リブート」や、今年リリースのシングル「神無-KANNA-」(映画『神在月のこども』主題歌)、「アイヲトウ」(映画『総理の夫』主題歌)などタイアップ楽曲満載の収録曲となり、miwaの5年間の活動が濃縮された作品となる。詳細は追って公式サイトやSNSにて発表される。
miwa
更に告知映像では、東京・大阪・愛知、全国3箇所を巡るツアー『miwa concert tour 2022 "Sparkle"』の開催も併せて発表。miwaオフィシャルファンクラブ『yaneura-no-neko』では、2022年1月よりファンクラブ会員限定チケット先行を行うことが決定しており、こちらも詳細は後日発表とのことなので、ぜひチェックしよう。

撮影=佐藤薫

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着