宮沢りえ(左)と窪田正孝 (C)エンタメOVO

宮沢りえ(左)と窪田正孝 (C)エンタメOVO

窪田正孝、宮沢りえは「パワースポッ
ト!」 「エネルギーの集合体のよう
な人」

 映画『決戦は日曜日』完成披露試写会が13日、東京都内で行われ、出演者の窪田正孝、宮沢りえ、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真と坂下雄一郎監督が登壇した。
 本作は、事なかれ主義の議員秘書と政界に無知な“熱意空回り候補者”が、日本を変えるため、落選を目指す物語。
 主人公の議員秘書・谷村を演じた窪田は「たくさん笑ってもらえる、でもどこか他人事でない、とてつもない映画が完成しました」とアピール。
 谷村を振り回す2世候補・川島有美を演じた宮沢も「声を出して笑いながら脚本を読ませてもらったのですが、ふと考えさせられるところもあって。笑いの中にある、監督のメッセージをぜひ受け取ってください」と呼び掛けた。
 窪田と宮沢は今回が初共演。宮沢は「私は感情をストレートに出す自由奔放な役だったので、ストレスもなく、毎日撮影に行くのがとても楽しかったのですが、それを受け止める側の窪田さんは大変だったんだろうな…」と申し訳なさそうにコメント。
 窪田は「いやいや。僕は今回ご一緒させてもらって本当に光栄でした」と返し、宮沢については「こんなにエネルギーの集合体のような人に僕は会ったことがないです」と断言した。
 「全てがプラスなポジティブなパワーでできているというか。僕は、有美さんという役を通して、りえさんのエネルギーを一番近くでダイレクトにもらっていたのですが、何と言うのだろう…パワースポット! 僕にとっては、本当にそれぐらい最高に楽しい撮影でした」と笑顔で振り返った。
 2人のコミカルな掛け合いも、本作の見どころ。宮沢は「とにかく、受け止めてくれる許容が広い。どこにボールを投げてもキャッチしてくれる安心感がありました。心強かったです」と語った。
 映画は2022年1月7日から公開。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着