ついに公開日が決定!

ついに公開日が決定!

「シン・ウルトラマン」2022年5月13
日公開決定 主人公の名前は神永新二

ついに公開日が決定! 庵野秀明が企画・脚本を手がける「シン・ウルトラマン」が2022年5月13日に劇場公開されることが明らかになった。配給の東宝が12月13日、都内で行われた「TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM」(円谷プロ・ラインナップ発表会)で発表し、主人公“ウルトラマンになる男”を演じる斎藤工、メガホンをとる樋口真嗣監督が出席。主人公の名前が「神永新二(かみなが しんじ)」であることも発表され、演じる斎藤は「樋口監督のお名前でもあるし、“しんじ”はとても特殊で意味のある名前。ようやく名乗れて、ウルトラマンになる男から脱することができる」とファンに報告した。
 日本を代表するSF特撮ヒーロー「ウルトラマン」を、「シン・ゴジラ」の庵野氏と樋口監督が再タッグを組み、世界観を現代社会に置き換えて再構築した。当初は2021年初夏の公開が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、製作スケジュールに影響が出たため、新たな公開時期が調整されていた。
 すでにキャスト陣はクランクアップを迎えているが、「パンデミックを経て『シン・ウルトラマン』は進化を続けている。終わりではなく、今も共存している感覚がある」と斎藤は深い思い入れ。一方、樋口監督は「完成しているのに公開できないと思われているが、それは大きな誤解。まだ、完成していません。まだまだ作っています」と現状を説明し、「それでも完成させなければいけない。なぜなら、公開日が決まっているから(笑)。お待たせしたかいのある作品になるべく、今もスタッフが働いている。年末年始もなくなりそう」と完成への執念を見せた。
 また、ティザービジュアルに登場していた3点のアイテムはそれぞれ、ベーターカプセル、ドッグタグ、神永が所属する組織のマークのピンバッジであることも明らかに。この日、公開された新たな特報映像には、光線を放出するウルトラマンの姿が登場し、樋口監督は「(光線が)何かは言えないが、まあ見ての通り」と言葉を濁した。
 会見には初代ウルトラマンのスーツアクターを務めた古谷敏も駆けつけ「あれから55年。現場には僕も含めて、ウルトラ愛の強いスタッフ、キャストがたくさんいました。今回の『シン・ウルトラマン』も愛と夢と希望を持たせてくれる作品だと思います」と完成に期待を寄せていた。
 「シン・ウルトラマン」は、2022年5月13日に公開される。斎藤演じる主人公の相棒を長澤まさみが演じ、西島秀俊、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、早見あかり、田中哲司が共演。劇中に登場するウルトラマンのデザインは、「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの美術監督として同シリーズの世界観構築に多大な功績を残した成田亨が1983年に描いた絵画「真実と正義と美の化身」がコンセプトとなっている。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着