調教師・緑川光司役の中村蒼(ヘアメイク:Kazuya Matsumoto/スタイリスト:Takanori Akiyama) (C)エンタメOVO

調教師・緑川光司役の中村蒼(ヘアメイク:Kazuya Matsumoto/スタイリスト:Takanori Akiyama) (C)エンタメOVO

【インタビュー】「風の向こうへ駆け
抜けろ」中村蒼「競馬の見方はだいぶ
変わりました」 平手友梨奈主演のド
ラマで調教師役

 NHK土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」が、NHK総合で12月18日と25日の午後9時から放送される。本作は、新人女性騎手の芦原瑞穂(平手友梨奈)のひたむきな情熱が、人生を諦めていた人々の心に火をつけ、仲間と共に桜花賞に挑んでいく物語。瑞穂を迎え入れる、廃業寸前の厩舎(きゅうしゃ)を営む調教師の緑川光司を演じた中村蒼が、撮影を通して感じたことなどを語った。
-このドラマへの出演オファーが来たときの感想は?
 お話を頂く前まではあまり知らない世界でした。競馬に関しては詳しく知らなかったですし、馬に乗ったことはありましたが、いわゆるジョッキースタイルで乗ったこともない。ただ、お馬さんとこんなにも接する作品はなかったので、不安というよりは楽しみな気持ちの方が大きかったです。
-光司をどんな人物として捉えましたか。
 最初はちょっと冷たいですよね。熱心さもないし、誠実な感じもない。でも光司の周りに集まっている個性豊かな人たちを見ると、何かしら光司に恩がある人たちなんです。周囲からはよくない視線を向けられているけれど、光司だけは、そんな自分を気に入って、厩舎に入れてくれた、というようなメンバーもいます。なので、光司は調教師うんぬんの前に、ちゃんとその人の本質を見極める、偏見のない人なのかな、と感じました。心根は優しく、真っすぐな人間だと思います。
-役作りで心掛けたことは?
 前半は特に、一見嫌な人間というか、無愛想な人なので、そこは少し難しかったです。これまであまりそういった人物を演じたことがなかったので、僕自身、どうなるのか少し不安でした。
-主演の平手友梨奈さんの印象を教えてください。
 平手さんは毎シーン、リハーサルが終わるたびに「やりにくいところはなかったですか?」と、聞いてくださるんです。そうやって周りを気遣う気持ちが、あの若さにして備わっているのが主役として素晴らしいなと感じました。あとは、馬に乗るシーンは特にですが、「できることは何でも自分でやる」という気持ちだったようで、ガッツがある人だなと思いました。
-乗馬シーンを演じてみていかがでしたか。
 僕は、足が悪い設定なのですが、後半に自ら“併せ馬”(調教のときに2頭以上の馬で並んで走ること)をするシーンが幾つかありました。すごく苦労しました。お馬さんによって性格が違うので、すぐ反応してくれる子もいれば、穏やかでなかなか反応しない子もいて。乗馬の経験はだいぶ前にあったのですが、改めて撮影前に練習を重ねました。調教師という役柄上、自分が先導して発進しなければならないのですが、そこがドラマの設定とは違い、なかなかうまくいかず大変でした。
-今回のドラマ出演を機に「馬券を買ってみようかな」という気持ちは芽生えましたか。
 もともとギャンブルはしないし、お金がもったいないという価値観は変わらないので(笑)。賭けるなら、勝ちたいですし。賭け方を教えてくれる人がいたらいいのですが、僕の周りにはいないので。
-競馬に対する意識は変わりましたか。
 見方はだいぶ変わりました。今までは、土日のお昼とかにテレビでやっているのを何げなく見てチャンネルを替えていましたが、最近では、競馬のネットニュースも目に入ってくるようになりました。「絶対に勝つだろう」と言われていた馬が勝てなかったときに、「調教師によると理由は○○で…」といった記事を読むと、「なるほどな」と思ったり。馬との距離感が近いからこそ分かるんだろうなとか、いろいろ想像するようになりました。
-大きな変化ですね。
 ただのギャンブルではなく、お馬さん1頭1頭にちゃんとドラマがあること、競馬で感動する人たちがいるというのも分かるようになりました。なので、僕も好きなお馬さんができたら、今後どうなるかは分からないです(笑)。
-光司は瑞穂と出会ったことで徐々に変わっていきますが、中村さんご自身の人生を変えた出会いを教えてください。
 最近で言うと、佐々木蔵之介さんと舞台でご一緒したのですが、本当に素晴らしい方でした。「Team申(チームさる)」という、佐々木さんが主宰も出演もされる演劇ユニットなのですが、脚本から携わっていたり、「より多くの人に見てもらうにはどうしたらいいか」とスタッフさんとずっと試行錯誤している姿を見て、すごいなと思いました。
-大きな刺激になりましたか。
 はい。蔵之介さんは自分も大変な役柄だったのに、最後の最後まで「このせりふ、こういうふうに言ったほうがいいんじゃないか」と話し合ったり、広い視野で周りの役者さんのことまでしっかり見ているんです。今までは、「自分は蔵之介さんぐらいの年齢になったときに、ここまでになれているだろうか」と考えることはなかったですが、今は、「ああいうふうになれていたらいいな」と思います。
-いつか自分も引っ張っていく立場に?
 そうですね。スタッフさんも演者さんも皆、蔵之介さんのためにやっていたと思うんです。それは蔵之介さんの人柄あってこそ。やはり優れたリーダーというのは、周りからいかに「あの人のために」と思われるかが大事だと思うので。蔵之介さんはそういう人だったので、自分もいつかそうなれたらいいなと強く思いました。
-今回は馬を描くドラマでしたが、中村さんが一番好きな動物は?
 難しいですね。なかなか一つには絞れません。もちろん一般的なワンちゃん、ネコちゃんも好きです。でも1回でいいから触ってみたいのはライオンの赤ちゃん。テレビで抱っこして写真を撮っていたりする姿を見ると、本当にうらやましいなと思います。あとは小鳥にも興味があります。NHK連続テレビ小説の「エール」で共演した(森山)直太朗さんが文鳥を飼っていて、その写真や動画を見せてもらったのですが、服のポケットの中に入ったりしている姿がかわい過ぎました(笑)。
-最後に視聴者に向けてメッセージをお願いします。
 とてもストレートなお話です。挑戦や挫折を繰り返しながらも成長していくことが、いかにすてきなことなのかが伝わる物語となっています。あと、お馬さんもいっぱい出演していますが、ただ走るだけでなく、驚いたり、逃げ回ったり“お芝居”をちゃんとしているので、そこも見てもらいたいです。
-馬が芝居をするのですか。
 撮影中、僕はそう感じました。もちろん指示する人がいるのですが、嫌なときは合図に合わせてそっぽを向いてみせたり。いろんなことを察知する賢い生き物なので、分かっていたと思います。いまだかつてない新鮮な映像が見られると思うので、ぜひそこも楽しみにしてください。
(取材・文・写真/山中京子)

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着