ノスタルジックでロマンチック、KER
A CROSS第4弾『SLAPSTICKS』は映画愛
が詰まっている~三浦直之(演出)・
木村達成・桜井玲香・小西遼生インタ
ビュー

長年演劇界を第一線で牽引し続けている劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)の名作戯曲を、日本を代表する演出家たちが新たな味付けで創り上げるシリーズ〈KERA CROSS〉。第4弾は1993年にナイロン100℃で初演され、2003年にはオダギリジョー主演で再演された『SLAPSTICKS』が登場する。演出を担当するのはロロの三浦直之。三浦は劇団公演のみならず近年は朗読劇『逃げるは恥だが役に立つ』などを手掛けたり、コロナ禍において無観客のシアタークリエより新作オリジナルミュージカルを届ける企画〈TOHO MUSICAL LAB.〉で上演した『CALL』が話題になるなど、幅広いエンターテインメントに挑んでいる注目の演出家だ。物語はサイレント映画からトーキーへ転換期を迎える1920年のハリウッドを舞台に、映画作りに情熱を注ぐ人々の姿をひとりの青年を通じて描くもの。実在した映画俳優や実際に起きた事件も盛り込み、KERAの映画愛が細部まで詰め込まれたノスタルジックでロマンチックな作品になっている。
この作品で主人公の若き助監督ビリー・ハーロックを演じる木村達成、サイレントコメディ映画の伴奏をしているアリス・ターナー役の桜井玲香、そして18年後のビリーを演じる小西遼生と演出の三浦に、作品の魅力や見どころを聞いた。
KERA CROSS 第四弾『SLAPSTICKS』メインビジュアル
――演じる役どころと、稽古も進んでいる現在の心境を教えてください。
木村:僕が演じるビリー・ハーロックは、サイレント映画の時代に生きた青年で、映画を愛し、映画に情熱を傾ける助監督です。ちょっとおっちょこちょいで、個性的な人たちが映画作りに心血を注ぐ環境で様々なことに振り回され、でも本当にピュアな、とても愛すべきキャラクターです。ちょうど稽古では2幕の冒頭に差し掛かったところなのですが(※取材時)、1幕はサイレントコメディを作る映画会社の中の和気あいあいとした感じがあり、僕も楽しく芝居ができていましたが、物語はここからだんだんある事件が中心になっていきます。苦しかったり、時には泣いてしまうような、熱を帯びた芝居になっていくのかなと思うと、楽しみでもあり不安もあるというのが現在の素直な気持ちです(笑)。
桜井:アリス・ターナーという役を演じさせていただきます。アリスはサイレントコメディのピアノ伴奏者で、ビリーの初恋相手です。 今、みなさんと色々考えながらお稽古に取り組めているのがとても楽しいです。KERAさんの脚本の色がありつつ、三浦さんの演出でKERAさんとはまた違う雰囲気の演出をつけていただいて、おふたりの“良いとこ取り”のようなお芝居ができていて、とても楽しいです。これからどんな作品になっていくのか楽しみつつ、たくさん悩んで取り組んでいけたらと思います。
小西:木村君演じるビリーの中年期を演じます。19年かな、けっこう年月が経っているんです。だから過去を懐古し、「思い返してみれば、全部笑い話だよね」というような穏やかな気持ちもあり、でも過去の自分の無力さを後悔している部分もあり、その為にサイレント映画のリバイバル上映を目指していたり。“当時”を演じている木村君は大変だと思いますが。自分としては、人生で初めてこんなに「中年、中年」と呼ばれ、人生で初めて自分が中年だということを自覚しています(笑)。物語は青年ビリーとアリスのふたりが一つの軸となって動いていきますので、僕は時間が経つことで出るその時代の良さを味わって、その中に自分が生きた分の味を加え、舞台上にもそれを出していけたらいいなと思っています。
――三浦さんは、この作品を演出するにあたっての思いは。
三浦:この作品はKERAさんがすごく若い頃、30歳の時に書いた作品。僕自身まだ30代ですので、当時KERAさんがどういう気持ちで書いたのだろうと想像しています。思うのは、本当にKERAさんがサイレントコメディを愛しているんだなということ。僕にとってのそれは文学でした。僕はさほどサイレント映画は詳しくないのですが、KERAさんが当時、どういう風にそれを愛し、その気持ちを伝えたいと思って脚本を書いたのかというのを大事にしたいです。一方で、ロスコー・アーバックルの事件など、この物語には実際に起こった出来事も多く描かれ、実在した人物も登場します。実際にあったこととフィクション、1920年代の状況と現代の状況という関係性をどういう風に捉えていけばいいのかと日々考えています。でもその対比が上手く表現できたら、今、この作品をやる意味がすごくあると感じていますので、引き続き頑張ります。
(左から)三浦直之、桜井玲香、木村達成、小西遼生
――このKERA CROSSという企画は、KERAさんの戯曲を、気鋭の演出家が新たに演出するというものです。現在も第一線で活躍されている作・演出家の作品を手掛けることへのプレッシャーなどはありますか。
三浦:プレッシャーは、あります……もちろん、あります。僕は演劇を始まる以前からKERAさんの作品を観ていましたので、毎日プレシャーで死にそうです、ハイ(笑)。でも楽しいです。尊敬する方の戯曲をこういう形でやらせてもらえるというのは、すごく貴重な経験だなと思います。
――演出するにあたり大切にしたいと思っているポイントは。
三浦:まず物語の舞台設定が1920年代で、KERAさんが戯曲を書いたのが1990年代、そして今は2021年です。過去のものに対してどういう風に向き合うかというのは考えます。どうやって過去と現在を繋いでいくか、KERAさんが当時見ていた景色をどう今に引き継いでいくかというのはひとつ大きなモチベーション。あとは、全体としてこの物語は群像劇なのですが、“ロマンチック・コメディ”と銘打たれているので、ビリーとアリスのロマンチックなコメディという部分は強調したいと思ってやっています。
――木村さんと小西さんは、同じビリーという人物を演じます。おふたりで「ここはこうしよう」と決めたり、すり合わせたりしているのでしょうか。
木村:喜劇映画、サイレントコメディに対する愛情は絶対に共通項としてあると思うんです。その気持ちが色褪せていないからこそ、中年になったビリーが「リバイバル上演をしたい」と動き出す。でもかなり時間が経過していますので「ふたりの間の統一性はあまり求めなくていいんじゃないか」というお話はしました。
小西:同じビリーでも年月が経っています。僕ら自身、過去を振り返った時、今の自分と過去の自分は変わらないところはもちろんあるけれど、実際はだいぶ違う。時間、経験は人を変化させますので。青年期のビリーはとにかく若さがある上に、たとえば作中の映画に関わる個性豊かな役者たちに比べたら、とても“普通の人”です。癖のある役だったら動きの癖や喋り方などで(年月が経っても)寄せていくことはできるんだけれど、ビリーはかなり真っ直ぐな人間なので、僕は達成が演じるビリーを見て「こういう実直な部分は(中年になっても)変わっていないんだろうな」とか、そういった心の部分は自分のビリーにも落とし込んで演じたりしています。
木村:時代的にも、色々なものの流れが変わっていく作品です。ビリーも青年期から中年期になり、演じる役者も変わる。映画もサイレントからトーキーになる。色々なものが変わっていくんだけれど、変わらないものは喜劇映画、サイレントコメディが好きだという思いだというのが明確に残ればいいんじゃないかな。それを常に意志として持ち続けるところが「ふたりのビリーの共通項」でしょうか。
小西:もともと僕ら、根本の気質がちょっと似ているところがあるしね。
木村:本当ですか?
小西:うん。達成は、見ていてすごくやんちゃな部分と真面目な部分が混在している。やんちゃな部分は、僕は彼の齢の頃、そんな風にはなれなかったけれど(笑)、それは“若い”という青年期のビリーの特性になるし。達成の根が真面目なところ、特に芝居のことに関してすごく真面目だというのは、自分にも思い当たるところがあるし、芝居への向き合い方、作り方で「わかるな」と思うことがたくさんある。トリッキーなことをせず、真っ直ぐに役を向き合ったら、意外と重なる部分があるだろうなと思っています。

KERA CROSS 第四弾『SLAPSTICKS』出演者 (上段左から)木村達成、桜井玲香、小西遼生、壮一帆(下段左から)金田哲、元木聖也、黒沢ともよ、マギー

――三浦さん、キャストお三方の印象は。
三浦:木村さんはこれまでも何度かご一緒させてもらっていますが、本当に素直に演じる方。その素直さがビリーにすごく似合っています。木村さんのいいなと思うところは、“照れる姿が絵になる”ところ。照れたり、恥ずかしがっても、おどおどしている男の子にはならず、その姿も素敵になる俳優さんだなと思います。
桜井さんに関しては、演じるアリスという女の子がとても実直そうな女の子なのですが、桜井さん自身もすごく実直な姿が似合う。でもその分、ちょっと変なことをしただけで非常に可笑しく見えます。その振り幅を見ていると、コメディエンヌとしての素質がとてもあるのではと感じています。
小西さんは非常に難しい役どころを演じてくださっています。ずっと青年期のビリーを見て、齢を重ねた今のビリーというのを考えてくださっている。過去の話の中には苦しいエピソード、痛々しいエピソードがたくさんあるので、それを見る目線の中には深刻さも生まれてくると思うのですが、一方ですごく深刻だと思ったら突然ナンセンスなやりとりに変わっていったりするところは非常にKERAさんらしい戯曲。深刻さに引っ張られすぎるとそのナンセンスな味わいを出すのが難しいのですが、小西さんはそのバランスを考え、両立させるということにチャンレンジしてくださっているのが頼もしいです。
……皆さん「ああ素敵だな」という瞬間を、ちゃんと素敵に作ってくださっているので、やっていて楽しいですね。特に恋とかロマンチックな瞬間は、そのことに対して少しでも引いてしまうと(観る側も)醒めてしまうけれど、しっかり体重を乗せて演じてくださっていて、嬉しいです。
――お話を伺っていると皆さんの口から「ロマンチック」という言葉が何度も登場し、とても素敵な作品になるのだろうなと感じています。実際にやっていて「ここが素敵だな」と思うポイントを教えてください。
小西:『SLAPSTICKS』は、KERAさんの作品をよく知っている方からしたら「こんな作品も作っていたんだ」と思うかもしれませんね。先日KERAさんが稽古場に来てくださった時に少しお話したのですが、それまでナンセンス(と呼ばれる作品)をやっていたけれど、これはかなり自分の中ではピュアな作品だとご本人もおっしゃっていました。映画に対する純粋な愛情を強く感じます。そして達成と玲香ちゃんのシーンなどは、ふたりのピュアな淡い恋心にキュンキュンするんですが、KERAさんにもこんな純粋な恋をしていた時期があったのかなと勝手に想像したりして(笑)。手を握ることすらできず恋が終わるという純情さ、本当に映画が好きだったんだなというところに惹かれます。その気持ちは19年後のビリーにも投影できます。
木村:わかります。僕は、登場人物は実在した人がほとんどなのに、主人公であるビリーはフィクションの人間と考えると、やっぱりビリーはKERAさんなのかな、と思いました。……それをKERAさんにお伺いしようかなと思ったのですが、聞いちゃったらつまらなくなっちゃうと思って、やめましたけれど。
(左から)三浦直之、桜井玲香、木村達成、小西遼生
小西:うんうん。KERAさんでもあるし、あと、KERAさんの周りには同じレベルで映画を好きな人が沢山いて。そういう人たちの代弁者がビリーなのかなとも思った。先日、設定考証の新野敏也さんが当時の映画のレクチャーをしてくださったのですが、その話しぶりはビリーそのものでした。「この作品のここがこうで……」ととても細かいところまで熱く話す姿は、作り手側ではなく、その作品たちに魅了された人という感じで。本当に好きなんだなあ……と愛おしく感じました。玲香ちゃんはどんなところが好き?
桜井:私は、KERAさんの台詞の言い回しや、雰囲気がすごく好きで。特に女性の話す言葉の語尾が好きです。ジョークを言っていても品を感じます。そこがすごく魅力的だなと思うので、今自分が演じていて、ただただ、楽しいです。
小西:アリスはビリーより年上で、まあまあビリーを振り回すじゃない(笑)。
木村:(KERAさんが)好きなんでしょうかね(笑)。KERAさん「恥ずかしい」とおっしゃっていたのですが、それは昔の自分の心の中を見られているから恥ずかしいのかな、だとしたらアリスのような子と、手も握れずに終わった恋があったのかなってやっぱり思います。……でも踏み込めないですね(笑)。ただ、この公演をKERAさんが観てくださった時に、ほろりと泣けてくるような作品にしたいですね。
――楽しみにしています! 最後に代表して木村さん、意気込みをお願いします。
木村:サイレントコメディに命をかけ、「笑ってもらえれば何でもいい」と常に前を向いて走っていた人たちがいたと、お客さまに伝えられたらと思います。この作品には個性豊かなキャラクターが色々と出てきますが、その彼らが物語が終わったあとに「彼はこうなったんだな」「彼はこうなるのかな」と想像していただいても面白いかもしれません。色々な捉え方のできる作品だと思うので、僕らも問題提起もしていきたいですし、これからの稽古を通しもっともっとこの作品を深く愛し、愛を注ぎ込んで、公演が終わったあとにも作品に対する思い入れが深く残るものになればと思っています。無事に2月の千秋楽を迎えられるようにしたいと思いますので、皆さまぜひ劇場にお越しください。

・木村達成◎衣装:ジャケット¥36,300(HACKETT LONDON / VULCANIZE LONDON 03-5464-5255)、トラウザーズ¥41,800 (HEUGN / IDEAS 03-6869-4279)スタイリスト:部坂尚吾(江東衣裳)ヘアメイク:齊藤沙織
・桜井玲香◎衣裳:IAPETUS
・小西遼生◎スタイリスト:尾後啓太 ヘアメイク:黒木翔
取材・文=平野祥恵 撮影=池上夢貢

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着