『“ALIVE SERIES” 21-22 Limited 66 《STAY ALIVE at OSAKA》』(brainchild’s)

『“ALIVE SERIES” 21-22 Limited 66 《STAY ALIVE at OSAKA》』(brainchild’s)

brainchild’s、
66分の制限時間が
設けられたイベントで全13曲を披露

菊地 “EMMA” 英昭によるプロジェクト・brainchild’sが開催中の東名阪イベント『brainchild’s “ALIVE SERIES” 21-22 Limited 66」《STAY ALIVE at OSAKA》』を、大阪・なんばHATCHで開催した。

66分という制限時間が設けられている今回のイベント。“brainchild’s7期。”としては初となる大阪公演を、アルバム「STAY ALIVE」の楽曲を中心に全13曲を披露。コロナ禍でライブができなかった鬱憤を晴らすかのようなパフォーマンスをするメンバーを前に、会場も一体となり熱気に包まれた。

ライブと同日にリリースされた新曲「Kite & Swallow」も初披露されたが、演奏前のMCで「長年温めてきた楽曲だった」というEMMAの突然のカミングアウトに驚く一幕もあった。

ライブ終了後には次回開催される《NEW ALIVE at AICHI》の公演詳細も発表。ファンクラブ会員のチケット抽選先行受付も開始された。

東名阪イベントの最後を飾る愛知公演はアルバム「STAY ALIVE」以降にリリースされた楽曲と未発表の新曲で構成されるという発表もされ、タイトルの「NEW ALIVE」とあるように、これからのbrainchild’sを見せてくれるような期待値の高い公演内容となっており、すでに開催が待ち遠しい。

『≪NEW ALIVE at AICHI≫』

[2022年]3月25日(金) 愛知・ダイアモンドホール
18:00 OPEN / 19:00 START
『“ALIVE SERIES” 21-22 Limited 66 《STAY ALIVE at OSAKA》』(brainchild’s)
『“ALIVE SERIES” 21-22 Limited 66 《STAY ALIVE at OSAKA》』(EMMA)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着