(左から)菅田将暉、新垣結衣、小栗旬、大泉洋、小池栄子

(左から)菅田将暉、新垣結衣、小栗旬、大泉洋、小池栄子

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」はコメデ
ィー要素が強め? 小栗旬「三谷さん
の脚本は、ここにもう一個、笑いの要
素を入れてくるんだ、みたいなことが
結構ある」

 2022年に放送されるNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のオンライン出演者会見が17日に行われ、出演者の小栗旬、新垣結衣菅田将暉、小池栄子、大泉洋が出席した。
 源平合戦から鎌倉幕府誕生に至る時代を背景に、鎌倉幕府の最高権力者に上り詰めた2代執権・北条義時の生涯を描く本作の脚本を手掛けるのは、「新選組!」(04)「真田丸」(16)の三谷幸喜氏。出席した5人が、三谷大河の魅力についてトークを繰り広げた。
 まず口火を切ったのは、源義経役の菅田。「台本はすごくコメディーにも見えるし、すごくシリアスにも見える。現場の調和でどっちにでもなる感じがすごく楽しい」と語った。
 「真田丸」にも出演した源頼朝役の大泉は「『真田丸』よりも若干、コメディー要素が強いんじゃないかなと」と印象の違いを打ち明けた。
 これを受けて、北条政子役の小池が「ト書きで、いかようにも読んで面白くできる」と語り、第1回で政子が初対面の頼朝を誘惑する場面を引き合いに出し、「その加減みたいなものを、大泉さんが、すごく厳しくいろいろ教えてくれまして」と告白。
 さらに、「もっといろんなことやろうと思ったんだけど、そうすると“笑わせにいってる感”にお客さんが冷めちゃうんじゃないかって。『コメディーとは、そういうものじゃない』というのは、教えてもらいました」と明かした。
 これに対して、大泉が「私、そんなこと言いました?」ととぼけると、小池が「言いました。随分偉そうに」と応じて笑いを誘い、夫婦役らしい息の合った掛け合いを見せた。
 一方、主人公・義時役の小栗は「このシーン、これで終わらせてもいいはずなのに、ここにもう一個、笑いの要素を入れてくるんだ、みたいなことが結構ある」と三谷脚本の印象を語った。
 この点について、「演じている上では、急な切り替えは難しい」としながらも、「人間らしいといえば、人間らしい。それが三谷さんの大河の面白さなのかなと」とその魅力を語った。
 さらに、大河ドラマおよび三谷作品に初出演となる新垣(義時の初恋の人で頼朝の最初の妻・八重役)が「歴史を動かしてきた人たちのかっこいい部分だけじゃなく、コメディー要素で、駄目な部分、人間らしい部分を描いている」と補足。
 すると、菅田も「ちゃんと英雄たちの駄目なところがいっぱい描かれているから、すごくファンキーで楽しい」と続けた。
 また、小栗演じる義時は、頼朝、義経兄弟と共に平家打倒に立ち上がることになるが、その関係について、「静の頼朝さん、動の義経さん、みたいな部分は共演していてすごく楽しい。ただ、僕はひたすらその2人に振り回されているだけなんですけど」と語った。
 「鎌倉殿の13人」は2022年1月9日からNHKで放送開始。初回は15分拡大版となる。
[gallery ids="1307171,1307172,1307173,1307174,1307175,1307176,1307177,1307178,1307179"]

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着