『BRAHMAN presents tantrism vol.10 ~STUDIO COAST LAST MATCH~『中央演舞』』

『BRAHMAN presents tantrism vol.10 ~STUDIO COAST LAST MATCH~『中央演舞』』

BRAHMAN、
新木場STUDIO COAST LAST MATCH
『中央演舞』はハナレグミと対バン!

2022年1月、数々の名演が繰り広げられてきた東京・新木場USEN STUDIO COASTがその歴史に幕を下ろす。BRAHMANもこの大型ライブハウスのステージには幾度となく立ち、あちこちに血と汗を染み込ませてきた。当然、そのことをよく知っているCOASTサイドは、来る最後の月に向けてBRAHMANに白羽の矢を立てた。「ぜひ最後に立ってほしい」と。

それは本当に急な出来事だった。しかも、BRAHMANは自身初のホールツアー真っ只中。通常であれば引き受けることが難しい状況。しかし彼らはオファーを快諾。そしてすぐさま行動に移した。まず、盟友ハナレグミを誘った。それだけでも十分スペシャルなのだが、それだけでは満足しないのがBRAHMANである。ちなみに、今回のイベントタイトルは『BRAHMAN presents tantrism vol.10 ~STUDIO COAST LAST MATCH~『中央演舞』』ーーファンなら瞬時にこのタイトルが意味するものを理解するだろう。そう、センターステージだ。2013年6月に千葉・幕張メッセで開催した『TOUR 相克 FINAL『超克』the OCTAGON』、2018年2月に東京・日本武道館にて開催した『八面玲瓏』に続き、新木場USEN STUDIO COASTでもBRAHMANはアレを行うのである。そして今回は、冠にLAST MATCHとあるように、ボクシングリングのような四角形のステージを最後の戦いの舞台に用意する。

BRAHMANのセンターステージにハズレなし。それどころかこちらが想像し得ない「何か」が起こる。そもそも、STUDIO COASTのセンターステージというだけでも見ものではないか。皆に愛されたライブハウスの最後を変形ステージで見送るというのもなんだか面白い。 「これでコーストに来るのも最後か……」と感慨深くあの看板を見上げた人たちはすでに多いはず。だが、別れを告げるのはまだ早い。1月20日(木)、BRAHMANなりに遊び尽くすSTUDIO COASTの最後を目撃しようではないか。そして、彼らと共にさよならを言おう。

BRAHMANが新木場の歴史に刻む最後のページに、あなたは何を記すだろうか。詳細はオフィシャルHPを見てほしい。

【公演情報】

『BRAHMAN presents tantrism vol.10 ~STUDIO COAST LAST MATCH~『中央演舞』』
[2022年]
1月20日(木) 東京・新木場 USEN STUDIO COAST
開場:18:00 開演:19:00
出演:BRAHMAN/ハナレグミ

<チケット>
チケット:前売り ¥4,400(税込/ドリンク代別)
※オールスタンディング
・オフィシャル先着先行受付
12月19日(日)12:00〜12月21日(火)23:59
受付URL:https://w.pia.jp/t/brahman-coast/
・一般発売
12月26日(日)10:00〜
チケットぴあ
イープラス
ローソン
※枚数制限:お一人様4枚まで
中学生以上は要チケット/小学生以下は保護者同伴のみ入場可

※新型コロナウイルス感染防止対策ガイドライン
~ご来場いただく皆様へお願い~
https://smash-jpn.com/guideline

INFO:スマッシュ 03-3444-6751/https://smash-jpn.com
企画/制作:tactics Records/SMASH CORPORATION
協力:TOY’S FACTORY / NOFRAMES
『BRAHMAN presents tantrism vol.10 ~STUDIO COAST LAST MATCH~『中央演舞』』
BRAHMAN
ハナレグミ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着