佐藤アツヒロ、オリジナル作品の演出
に初挑戦 谷佳樹、松島庄汰、綺咲愛
里、吉本実憂が出演 舞台『告白』上
演決定

2022年1月18日(火)~2月4日(金)浅草九劇にて、『告白』の上演が決定した。
本作では『SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~』や、『楽屋―流れ去るものはやがてなつかしき―』等の作品を手掛け、近年、“舞台演出”に意欲的に挑戦している佐藤アツヒロが、原案から構成、演出を手掛けるオリジナル作品となる。
主人公【春日恵輔】を『文豪とアルケミスト』など舞台を中心に活躍し、絵本作家としてもデビューしてマルチな才能を発揮する谷佳樹が務め、春日と仕事を共にすることも多いフリーの写真家【江夏祥太郎】を、TVドラマ「花ざかりの君たちへ」等の映像作品に加え、数多くの舞台にも出演しマルチに活躍する松島庄汰が演じる。
そして、その江夏が実は想いを寄せている女性【佐伯冬香】を、宝塚歌劇団星組トップ娘役として活躍し2019年に退団後は舞台を中心に活躍中の綺咲愛里が演じ、そんな江夏へ想いを寄せていると思われている【花澤千秋】を、第30回日本映画批評家大賞授賞式で、新人女優賞を受賞し勢いに乗る吉本実憂がそれぞれ演じる。
谷佳樹
松島庄汰
綺咲愛里
吉本実憂
年末年始の冬休みに、とあるコテージの屋上で繰り広げられる、大学時代の友人、男女4人の交錯する想い。交錯する告白。狂おしいほど愛おしい愛。まるで“映画を観ているかのような”時間を浅草九劇という空間で、ピアノとドラムの生演奏の劇伴とともに上演する。
<佐藤アツヒロコメント>
佐藤アツヒロ
これまで数々の作品に役者として参加し、ここ数年では2作、演出という立場でも演劇と向き合ってきました。今回、初めて原案・構成にも挑戦します。もともと、舞台出演を重ねていく中で「こんな物語があったら面白いな」「脚本を書いてみたいな」というような想像をするのは好きでした。スタッフの方々とのセッションの中で、その想像がどんどん膨らみ、“妄想のその先”のように、この企画が実現しました。
物語は、僕の“人を好きになるという気持ち”を全部、詰め込んだようなものになります。僕は10代の頃、片思いばかりしていて、好きな人に好きだと言うことができない思春期をすごしました。そんな青春時代を思い出し、4人の若者を通して「好きな気持ちは誰にも奪えない」というテーマをロマンチックに、そしてちょっとサスペンスフルに描いていきます。キャストは全員、初めてご一緒する若い魅力的な俳優4人です。すでに稽古は始まっていますが、それぞれ佇まいも声も、とても人間らしい魅力に溢れていて素敵な人たちです。おそらくキャストの皆さんも自由に楽しくやってくれると思います。とにかく僕は、新しいことにチャレンジできる、そのことにワクワクドキドキしています。ぜひ浅草九劇で、『告白』という題名の裏にある様々な思いを受け取ってください。きっと観劇後、今まで感じたことのないような、不思議な気持ちを抱いていただけると思います。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着