YOASOBIの名曲をアカペラで!YouTubeで話題のアカペラグループによるカバーがリリース!

YOASOBIの名曲をアカペラで!YouTubeで話題のアカペラグループによるカバーがリリース!

YOASOBIの名曲をアカペラで!YouTub
eで話題のアカペラグループによるカ
バーがリリース!

YOASOBIの名曲がアカペラに!? Rabbit Catよるカバーがリリース

アカペラ多重録音というジャンルでYouTubeチャンネル登録者数18万人、動画総再生回数5000万回越えの「とおるすアカペラチャンネル」。
「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る
https://utaten.com/specialArticle/index/4991
チャンネルを運営する「とおるす」はYouTubeアカペラチャンネルのトップクリエイターでありつつ、ゴスペラーズへの楽曲提供、人気声優の参加する注目のアカペラコンテンツ「アオペラ」へのアレンジ提供なども手がけるなど活躍の場を広げている。
そんな彼がSNS上でシンガーを募り、長年の悲願であるアカペラグループを結成した。
Miki・はつみ・優輔・とおるす・KENからなる「Rabbit Cat」である。
個性豊かな男女4人のVocalと芳醇なBassを持ち味とする鮮烈な演奏で、YouTubeや各種SNS上にて話題を呼んできた彼らの楽曲が、満を持して配信される。
まず注目すべきは、YOASOBIの名曲をアカペラメドレーとして繋いだ1曲。
彼らがリスペクトして止まないYOASOBIの初期の名曲達を徹底的に研究・再解釈し、意欲的なメドレーを構築し、公開直後から瞬く間に大きな反響を呼んだRabbit Catの初作品。
あくなき探究心とほとばしる情熱を原動力に紡ぎ出される、あまりにもアグレッシブな彼らの産声を体感しない手はない。
そしてアカペラファンであれば、絶対に聴いておくべきRabbit Cat待望の1stオリジナルソング「Sunbelieve」。
物哀しくも色鮮やかな世界が、Mikiの透明感溢れるハイトーンに乗せてしなやかに描かれる。
ミックス・エンジニアにはQuincy Jones、Michael Bublé、The BlendersNaturally 7、Home Freeなど、世界的なアカペラグループやミュージシャンの作品を数多く手がけるDarren Rust氏を迎え、繊細かつ奥行き豊かなサウンドを実現。
アカペラという、制約と神秘に満ちた音楽をシーンに広く届けていこうと決意した彼らの船出を高らかに告げる、洗練されたポップ・ナンバーは必聴だ。
YouTubeの世界からアカペラ界に旋風を巻き起こす、とおるす、Rabbit Catのこれからの動きに目が離せなくなりそうだ。
配信リリース情報
(1)Rabbit Cat「YOASOBI」
▶配信URL
作詞・作曲:Ayase
編曲:とおるす
▲YOASOBI - Rabbit Cat
(2)Rabbit Cat「Sunbelieve」
▶配信URL
作詞・作曲・編曲:とおるす
▲Sunbelieve - Rabbit Cat

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着