“凌介”西島秀俊(左)と“篤斗”小林優仁 (C)日本テレビ

“凌介”西島秀俊(左)と“篤斗”小林優仁 (C)日本テレビ

「真犯人フラグ」“篤斗”小林優仁は
犯人に脅されている? 「篤斗の病室
に侵入したのはサッカーコーチか菱田
か」

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の10話・第1部最終回が、19日に放送された。
 本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)
 箱詰めになった氷漬けの息子・篤斗(小林優仁)を発見した凌介。篤斗は病院へ運び込まれ、一時は心停止に陥るが、奇跡的に意識を取り戻す。
 凌介は警察の阿久津(渋川清彦)らから、妻の真帆(宮沢りえ)と住宅メーカーに勤務する林(深水元基)がホテルで会っていた7月30日まで、2人の関係が続いていた可能性があると聞かされショックを受ける。
 警察は重要参考人として林の行方を追っていたが、その後の調べで、林は真帆たちが失踪した日時にアリバイがあったことが判明する。
 そんな中、凌介のもとに犯人らしき人物から、呼び出しのメールが届く。凌介が指示された場所に向かうと、そこにいたのは林だった。
 凌介が「真帆と(娘の)光莉(原菜乃華)はどこだ!」と迫り、林が何かを話そうとした瞬間、後方の倉庫内で物音がした。すると、林は凌介を蹴り飛ばし、迎えに来た婚約者・茉莉奈(林田岬優)の車で逃走してしまう。
 一方、体調が回復してきた篤斗は、凌介の呼び掛けに、涙をぽろぽろとこぼす。阿久津らが篤斗に事情聴取を行い、「犯人の顔を覚えているか」と相良家と林の写真を見せると、篤斗は凌介を指さし、「パパがママを殺した…」と初めて言葉を発する。
 篤斗の事情聴取の間、病院前に詰めかけた報道陣の対応をしていた凌介。そこには、吹き矢で凌介を狙う亀田運輸のクレーマー・バタコ(香里奈)の姿があった。
 放送終了後、SNS上には、「怖くてめちゃめちゃ面白かった。最後のシーンは鳥肌が立った」「犯人が本当に誰かが分からない。来年まで第2部を待つのは長い」といった感想が投稿された。
 また、「篤斗は犯人に『パパが犯人だ』と言わされているのだと思う。病室前の警官が居眠りをしていたときに、犯人が侵入して脅したのだろう」「夜に篤斗の病室に来たのが誰かが気になる。サッカーコーチ(柿澤優人)か、菱田(桜井ユキ)か、バタコあたりか」といった意見も投稿された。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着