岡田奈々、梅津瑞樹ら出演のReading
Pop『青い鳥』 ファンタジーでポッ
プなメインビジュアル&ソロビジュア
ルが解禁

2022年2月3日(木)よりヒューリックホール東京にて上演する、「Reading Pop『青い鳥』~メーテルリンク『青い鳥』より~」のメインビジュアルと各キャストのソロビジュアルが公開された。
本作は、不朽の名作「青い鳥」を、リーディングに生バンドの演奏、そして歌唱が交わる新ジャンルの“Reading Pop”として表現し、青い鳥探しの旅に出るチルチルとミチルを姉妹として描き女性キャストのみで演じる「Femme ver.」と、同キャラクターを兄弟として描き男性キャストのみで演じる「Homme ver.」を上演する。
<Femme ver.>で主人公のチルチルを演じるのは、 AKB48チーム4および、STU48のメンバーとして活躍し、今作がAKB48グループ公演以外での初リーディング舞台出演となる岡田奈々。また、チルチルの妹ミチルを、アイドルグループ「超ときめき♡宣伝部」メンバーとして活躍する菅田愛貴が演じる。そして、チルチルとミチルに青い鳥探しを依頼する“仙女”をはじめ複数の役を担うのは、元宝塚歌劇団の雪組トップスターの水 夏希。
<Homme ver.>では、人気作へ次々と出演する梅津瑞樹がチルチルを、舞台を中心に活躍する納谷 健がミチルを演じる。また、ふぉ~ゆ~のメンバーで俳優としての活躍も見せる松崎祐介が仙女などの複数役を務める。
今回、ファンタジーな世界観とパステルカラーでPopに表現された、キュートなビジュアルが解禁された。
<Femme ver.>
岡田奈々
菅田愛貴
水 夏希
<Homme ver.>
梅津瑞樹
納谷 健
松崎祐介(ふぉ~ゆ~)
主役の性別が変わることで物語はどのように変化するのか。また、それでも変わらない物語の普遍性とは何かを、「Homme(フランス語で“男性”の意) ver.」と「Femme(フランス語で“女性”の意)ver.」の2つの作品を通して観客に問いかけていく。
なお、<Femme ver.>は2022年2月3日(木)~6日(日)に、<Homme ver.>は2月10日(木)~13日(日)にヒューリックホール東京にて上演する。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着