CD『伊藤アキラ ソングブック』

CD『伊藤アキラ ソングブック』
「この木なんの木(日立の樹)」「幸せの青い雲(青雲のうた)」をはじめとするCMソングや、「夜霧のハニー」などのアニメソングから「ビューティフル・ネーム」といったヒット曲まで、2021年5月15日に80歳で急逝した作詞家・伊藤アキラが遺した数多くの作品のなかから、代表曲はもとより、隠れた名曲まで、全77曲で編んだキャリア初のジャンル別作品集が発売された。

CM/キッズソング(DISC 1)、テーマソング(DISC 2)、ポップス(DISC 3)でカトゴリ分けした各盤には、ボーナストラックとして秘蔵音源を収録。アルバム掉尾を飾るのは、伊藤晩年の名曲「椅子」の作曲を手掛けた井上鑑自身が新録音。また付属される2冊のブックレットには、生前のインタビュー記事や、単行本未収録エッセイなどおよそ4万字のテキストが掲載される。
CD『伊藤アキラ ソングブック』2021年12月22日発売
    • COCP-41660~2/¥5,000+税
    •  
    • 企画・監修:濱田髙志
    • 発売元:日本コロムビア

【伊藤アキラ プロフィール】

本名伊藤皓。1940年8月12日生まれ、千葉県出身。東京教育大学文学部在学中から三木鶏郎に師事し、やがて三木の主宰する冗談工房に加入。そこで番組主題歌やCMの作詞、番組構成、コントなどの執筆に従事したのちに独立し、以降、CM音楽の作詞を中心に活躍。「この木なんの木(日立の樹)」や「答え一発カシオミニ」、「パッ!とさいでりあ」、「幸せの青い雲(青雲のうた)」などCM作品は実に4,000曲に及ぶ。ほかに渡辺真知子「かもめが翔んだ日」やアニメ『うる星やつら』の主題歌「ラムのラブソング」、「はたらくくるま」、「ハメハメハ大王」など、歌謡曲からアニメ主題歌、童謡、社歌まで幅広い分野で作品を発表。また、文化放送と雑誌「広告批評」主催で1984年より2006年まで行なわれたラジオCMコピー大会では審査員を務め、自身もACC賞など受賞歴多数。著書に「単身赴任のない稼業 フリーランサーの方法」(講談社刊)、CM作品集として「ON・アソシエイツ・CM WORKS」「伊藤アキラCM傑作選」がある。2021年5月15日死去。享年80。

CD『伊藤アキラ ソングブック』
伊藤アキラ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着