望月琉叶の3rdシングル発売決定、昭
和歌謡界の巨匠 浜圭介・売野雅勇が
バックアップ

望月琉叶が、来年2022年2月23日に3枚目のシングル『ピンクのダイヤモンド』を発売する。

「第63回日本レコード大賞」では新人賞を受賞し、グラビア、アイドル、演歌歌手の三刀流として注目を集めている望月。

望月はアイドルグループ「民族ハッピー組」に所属しながら、2020年7月にデビューシングル『失恋慕情』で念願の演歌歌手デビューを果たし、2021年4月に発売した2ndシングル『面影・未練橋』でも前作に続き、2作連続でオリコン週間演歌歌謡曲ランキング1位、有線週間演歌歌謡曲リクエストチャート1位を獲得。さらには配信シングル「チョメリズム」(7/10配信)のミュージックビデオが海外を中心に話題となり、アップロード1ヶ月でYouTubeの再生回数が約53万回を記録した。

また、そのルックスを活かしたグラビアでの活動も広く展開し、各週刊誌でグラビアを披露したほか、イメージDVDの売り上げも好調であり、アイドル、グラビア、演歌の三刀流として演歌第7世代の女性歌手部門を盛り上げる存在として各所より注目を集め、先日発表された「第6633回日本レコード大賞」では新人賞を受賞した。

この勢いでリリースするデビュー3作目では、2月に偶然テレビの収録(BSテレ東「徳光和夫の名曲にっぽん」)で出会った際に望月のタレント性に注目し、作品を提供することになった昭和歌謡界の巨匠・浜圭介が作曲を担当。さらに作詞には荻野目洋子チェッカーズ中森明菜などの作詩で知られるこちらも昭和を代表する作詞家・売野雅勇氏を迎え、ビジュアルも前作までの着物姿から一新した洋装に変更し、昭和アイドル歌謡の匂いを色濃く残したポップス歌謡曲に挑戦する。
左から売野雅勇、望月琉叶、浜圭介
表題曲「ピンクのダイヤモンド」はギターロックのサウンドが印象的な、これまでの望月のイメージを一新するにふさわしいポップスチューンで、歌詞の内容もカッコよさと妖艶さを併せ持つ女性像を描き出している。

カップリング曲となった「家族写真」は、打って変わってストリングスメインのバラード風のアレンジになっており、かつて愛した人から不意に届いた便りをもとに展開するちょっと切ない世界観が印象的な楽曲となっている。

新曲の発売にあたって、望月は「2022年2月23日に新曲『ピンクのダイヤモンド』をリリースいたします。この曲は演歌歌手望月琉叶初の本格派歌謡曲ということで、演歌歌手である私がジャンルの垣根を越えて浜圭介先生、売野雅勇先生とご一緒させていただきました。カッコイイ、そして艶っぽい曲に仕上がっておりますので皆様期待して聴いて頂けると嬉しいです。」と意気込みを語った。

望月琉叶 3rdシングル『ピンクのダイヤ
モンド』

発売日:2022年2月23日(水)
COCA-17963 ¥1,350(税込)
[ 収録楽曲 ]
「ピンクのダイヤモンド」
 作詞 売野雅勇 / 作曲 浜圭介 / 編曲 坂本昌之

「家族写真」
 作詞 売野雅勇 / 作曲 浜圭介 / 編曲 坂本昌之

他、各曲カラオケ収録予定

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着