磯光雄最新作「地球外少年少女」藤原
夏海、和氣あず未、小野賢章らメイン
キャスト発表 本予告、来場者特典も
披露

(c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会 「電脳コイル」の磯光雄が、15年ぶりに原作・脚本・監督を務めるオリジナルアニメ「地球外少年少女」のメインキャストが発表され、藤原夏海、和氣あず未小野賢章ら6人の出演が決定した。主題歌をバーチャルラップシンガーの春猿火が担当することも明らかになり、本予告やメインビジュアルなどが公開されている。
 同作は、AIの発達により誰もが宇宙空間に行けるようになった2045年を舞台に、月生まれの子どもたちと地球から宇宙旅行へやってきた子どもたちが、宇宙ステーション「あんしん」で災厄に見舞われ、人類の危機に直面する姿を描く。
 月で生まれた地球嫌いのハッカー・相模登矢を藤原、登矢の幼なじみである七瀬・B・心葉役(※「B」はキリル文字の「B」が正式表記)を和氣、「あんしん宇宙旅行ツアー」で宇宙ステーションへやってきた正義感が強い優等生の筑波大洋を小野が演じる。宇宙規模で有名になりたいネットアイドルの美笹美衣奈役を赤崎千夏、美衣奈の弟で宇宙が大好きな種子島博士役を小林由美子、ステーションで看護士として勤務する那沙・ヒューストン役を伊瀬茉莉也が担当する。
 KAMITSUBAKI STUDIOに所属するバーチャルラップシンガー・春猿火が歌う主題歌タイトルは「Oarana」。音源は、本予告内で初公開されている。
 本予告では、月生まれの子供たちと、地球から初めて宇宙旅行にやってきた子供たち、それぞれの登場シーンをボイス付きで収録。宇宙ステーションでにぎやかな日常を過ごしていた彼らが、ステーションに彗星が衝突するという大事故により閉鎖空間に投げ出されてしまい、さまざまな困難に立ち向かっていく姿が描かれる。さらに、史上最高知能とされるAIが残した「セブンポエム」と呼ばれる謎の予言も登場している。
 メインビジュアルは、キャラクターデザインの吉田健一による描き下ろし。宇宙ステーション「あんしん」の一角から望む、広大な地球と光り輝くオーロラを背景に、メインキャラクター6人と、セーラー服を着たマスコットキャラクターが描かれている。同ビジュアルの撮影処理は監督の磯光雄が担当し、謎の記号など物語のキーワードが随所に散りばめられているという。
(c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会(c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会 そのほか、上映劇場も決定。東京・新宿ピカデリー、愛知・ミッドランドスクエアシネマ、大阪・なんばパークスシネマなど全国10館で、1月28日~2月10日に前編「地球外からの使者」、2月11日~2月24日に後編「はじまりの物語」を各2週間限定で上映する。来場者特典として、前編では、磯監督と吉田、メインアニメーターの井上俊之による描き下ろしミニ色紙を、後編では、3人が各自の担当シーンから選んだ原画の複製を、それぞれランダムで配布する。キャラクターのスマホ壁紙が付属する、ムビチケ前売り券がオンライン販売中。
 各上映劇場では、劇場公開限定版ブルーレイとDVDを先行販売。吉田による描き下ろしスリーブケース仕様で、カットされたシーンを含む絵コンテや、磯監督らスタッフによる全話オーディオコメンタリーを特典として収録する。なお、1月28日からはNetflixで、劇場上映版の前後編に相当する全6話の配信もはじまる。
 メインキャスト6人、春猿火からのコメント全文は以下のとおり。
【藤原夏海(相模登矢役)】
あの磯監督の手掛ける作品についに新作が……!! ということですごく興奮しまして、そしてさらに関わらせていただくことになり、驚きと喜びでいっぱいの状態で収録に挑ませていただきました。
今回は今より少し未来の宇宙が舞台となっていますが、「電脳コイル」の時に味わったような、少し先の未来にもしかしたら本当にこういうことが実現しているかもしれないというワクワクが今作でもたくさん散りばめられているので、そのワクワクを感じていただくのと同時に、宇宙というものに少しでも興味を持っていただけたらうれしく思います。
ぜひ楽しみにしていてください! よろしくお願いいたします。
【和氣あず未(七瀬・B・心葉役)】
心葉を精一杯演じさせていただきました。和氣あず未です! 「地球外少年少女」は、自分たちの未来を考えさせられるような作品です。月生まれの人間と地球生まれの人間、そしてAIが未来を変えていく……いつかこういう日が本当に来るかもしれない! と思ってしまうくらい、もしかしたら近い未来のお話なのかもしれません! この作品を通して少しでも多くの方に宇宙について興味を持っていただけたらうれしいです! 私もいつか宇宙遊泳してみたーい(笑)!
アフレコではとっても時間をかけて収録していただきました。細かいところまで監督と意思疎通を図りながら収録しましたので、その分、キャラクターや世界観にグッと引き込まれるのではないでしょうか。さらに、「電脳コイル」を手がけた磯監督ならではのセリフや演出もありますので、ぜひ楽しんでいただけますと幸いです!
【小野賢章(筑波大洋役)】
筑波大洋を演じさせていただきました、小野賢章です。大洋は、正義感の強いホワイトハットハッカーで、大人の面と子供の面を合わせもち、自分の信念を貫くべきかで揺れ動く、とても演じがいのある役でした。
作品自体も話のテンポが良く、なによりいつか宇宙に僕達もいけるかもしれないと思わせてくれるような素敵な作品です。ぜひご覧ください!
【赤﨑千夏(美笹美衣奈役) 】
余計なものをどんどん削ぎ落として、内側から再構築していくようなアフレコでした。とても丁寧に進めていただいて、キャラクターの心の動きや宇宙空間ならではの体の状態の表現に、じっくりと向き合うことができたと思います。
思わず息を飲むような宇宙の美しさ、そして未知なるものへの恐怖に立ち向かう少年少女たちの姿をぜひご覧ください!
【小林由美子(種子島博士役) 】
「電脳コイル」から15年、磯監督の新作にオーディションの時から興奮しっぱなしでした。アフレコでは一言一句全てにこだわり抜いた演技指導があったりなど、監督はじめスタッフ、キャスト一同、今作に対する熱の入れようは半端ありませんでした……!!
今作では前作の「電脳コイル」同様、姉に翻弄される弟役をやらせていただきました。ヘタレな弟役は演じていて楽しかったです(笑)
「地球外少年少女」、今作は宇宙を舞台に磯光雄監督の才能がはじけ飛びます!! 皆様!! お楽しみに!!
【伊瀬茉莉也(那沙・ヒューストン役)】
アフレコ現場では磯光雄ワールドにどっぷり浸り、試行錯誤しながらキャラクターと、音響監督と、磯監督と向き合った唯一無二の時間を過ごさせていただきました。
マイク前ではだだっ広い宇宙を浮遊しながら形のない正解を探してるような感覚……。一言で言うなら【孤独】でした。……もしや、これが監督たちの狙いだったのか!? その答え合わせを早くしたいです。
磯光雄監督の待望の新作。乞うご期待です!!!!
【春猿火(主題歌アーティスト) 】
このたび、磯光雄監督の最新作アニメ「地球外少年少女」の主題歌を私、春猿火が担当させていただきました。小さな頃「電脳コイル」を見て育った私にとって、今回磯監督の新作に音楽で携わることができてとてもうれしいです!
主題歌「Oarana」は、私自身今まで歌ってきたことのないテイストの楽曲で、自分にとっては挑戦でした。アニメの世界観とマッチした壮大で美しい物語の情景が浮かぶ、素敵な楽曲となっています。映画館やお家で、アニメと合わせて一緒に楽しんで下さるとうれしいです。
春猿火でした。それじゃ。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着