市村正親主演 ミュージカル『スクル
ージ~クリスマス・キャロル~』日生
劇場にて2022年12月上演決定(コメン
トあり)

市村正親主演、 ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』が2022年12月、日生劇場にて上演されることが決定した。
英国の国民的作家チャールズ・ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」を 原作にしたクリスマスシーズンミュージカルの決定版。『スクルージ~クリスマス・キャロル~』の原作となった作品は、 1970年12月にイギリスとアメリカで上映された英国産ミュージカル映画「スクルージ」。 日本でも同時期に『クリスマス・キャロル』の邦題で公開された。
ミュージカル版『スクルージ』は、1992年イギリス・バーミンガム アレクサンドラ・シアターで初演され、スクルージ役を演じたのは脚本・音楽・作詞のレスリー・ブリカッスの盟友アンソニー・ニューリーだった。
日本での初演は1994年。この公演で市村正親が主演して以降97、99年、2013年に新演出版、2015年、2019年と市村自身ライフ・ワークとして再演を重ねている。
主人公・スクルージは人嫌いのけちで意地悪な金貸しの老人だが、どこか滑稽で、愛嬌がある。クリスマスイブの晩、亡くなったかつての親友・マーレーの亡霊とクリスマスの精霊たちが現れた。彼らはスクルージを過去、現在、未来の旅へと連れていく。泣いたり笑ったり感動したり、スクルージは一夜の夢の中でその心根と運命を変えていく。
全編に息づくあたたかなクリスマスの情景も魅力の一つだ。舞台となる19世紀のロンドンで、年齢や身分は関係なく誰もが心を躍らせて、 年に一度のクリスマスを祝う中で展開する、愛すべき人々の物語となる。
■市村正親 コメント
チャールズ・ディケンズの代表的な作品といえば「クリスマス・キャロル」「オリバー・ツイスト」です。今月まで『オリバー!』でフェイギンを演じていました。その『オリバー!』を経て、『スクルージ』に戻れるということは非常に光栄ですし、『スクルージ』としてますます人生観をたっぷりと、彼の生き様を出せるのかなと思うと今からワクワクしています。また『スクルージ』の世界のキャラクターとお会いできるのは楽しみです。特にクラチット一家に会うのをとても楽しみにしています。
■井上尊晶(演出)コメント
市村スクルージが日生劇場に帰ってきます。前回公演の2019年から3年。その間、世界は変わってしまいました。未だコロナは終息していません。この2年でコロナで亡くなられた方、コロナでなくても亡くなられた方との別れは、いつもと違う想像以上の悲しみに包まれたと思います。どんなに辛い事だったでしょう。死は誰にでも訪れます。しかし死者はいなくなったわけではない。生きている人々の記憶に必ず存在しているはずです。
原作は1843年にチャールズ・ディケンズによって書かれた不朽の名作「クリスマス・キャロル」。この物語はクリスマスの夜、「死者」と出会い「死」と向き合う事で人生を見つめ直し奇跡が起きます。舞台も一瞬の一夜の儚いものですが、観た人の記憶に永遠に残るものです。この『スクルージ』を、この時代に、気持ちを新たに、市村正親さんと共に作りたいと思っています。そして観客の皆さん、 一緒に奇跡を起こしましょう。劇場でお待ちしています。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着