アニメ「アクダマドライブ」が舞台化
 演出は植木豪、出演は黒沢ともよ、
蒼木陣、長妻怜央ら

2022年3月東京・大阪にて、舞台『アクダマドライブ』が上演されることが決定した。
己の生き方を貫く悪人たちの物語が、スタイリッシュな映像とともに描かれるオリジナルTVアニメ「アクダマドライブ」。ストーリー原案はTooKyoGamesの代表にしてシナリオライター・小高和剛、キャラクター原案はキャラクターデザイナー・小松崎類とゲーム「ダンガンロンパ」シリーズでタッグを組んできた二人が再び集結。監督は「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」や劇場版「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」を手がけた田口智久。そして、アニメーション制作は「おそ松さん」や「東京喰種トーキョーグール」シリーズを制作し、設立40周年を迎えたstudioぴえろが担当。充実のスタッフ陣によるオリジナルTVアニメーションは2020年10月から12月にかけて放送され、個性的なキャラクターとド派手なアクションシーン、そして濃密なストーリーに国内だけでなく海外でも高い人気を博し、アメリカの大手アニメメディア"Anime Trending”が主催する第7回「Anime Trending Awards」において、1位となるアニメ・オブ・ザ・イヤーを獲得した。
そんな「アクダマドライブ」が、この度舞台化される。
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
演出を担当するのは、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageなど独創的な舞台を手掛ける植木豪。
主演の一般人役には、アニメ「アクダマドライブ」でも同役の声優を務め、声優以外にもミュージカルなどマルチに活躍をしている黒沢ともよが演じる。
一般人(黒沢ともよ)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
そして、一般人をとりまくアクダマたちには舞台やテレビなどで活躍する今をときめく俳優が集結した。運び屋役には、舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち では座長を務め、アクロバットを得意とする蒼木陣。チンピラ役には、「7ORDER」のメンバーであり、舞台『タンブリング』等話題の舞台作品に出演し、高い身体能力とプロポーションをもつ長妻怜央。医者役には、「ハロプロエッグ」出身で、バラエティから舞台作品までこなし、抜群の歌唱力をもつ歌手で女優の吉川 友。ハッカー役には、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageの波羅夷空却役など、2.5次元作品にはかかせない廣野凌大。喧嘩屋役には、アーティストグループ「TFG」のメンバーで、舞台『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』シリーズ木兎光太郎役などで活躍中の桜庭大翔。殺人鬼役には、舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-では座長を務め、舞台『鬼滅の刃』では冨岡義勇役を演じ、身体能力や繊細な演技に定評のある本田礼生。
運び屋(蒼木陣)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
チンピラ(長妻怜央)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
医者(吉川友)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
ハッカー(廣野凌大)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
喧嘩屋(桜庭大翔)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
殺人鬼(本田礼生)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
また、対する処刑課メンバーは、処刑課弟子役には、『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜うずまきナルト物語〜』日向ヒナタ役など話題の舞台作品で活躍している星波。処刑課後輩役には、特撮テレビドラマ「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」のオープニングテーマなど、アーティストとしても活躍中の佐久間貴生。そして、処刑課師匠役には、「仮面ライダーセイバー」などの特撮モノや舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち や『「バクマン。」THE STAGE』など、ドラマや映画・舞台作品にと幅広く活躍中の唐橋充が決定した。
処刑課弟子(星波)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
処刑課後輩(佐久間貴生)  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
処刑課師匠(唐橋 充  (c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
実力と人気を兼ね揃えたメンバーがどんな舞台を届けてくれるのか、期待しよう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着