「劇場版 呪術廻戦 0」初日だけで動
員100万人視野 興収100億円突破確実
のロケットスタート

 人気テレビアニメ「呪術廻戦」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)を映画化した「劇場版 呪術廻戦 0」の初日舞台挨拶が12月24日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた。配給の東宝によると同日15時時点の動員集計から、初日だけで観客動員100万人を狙える推移だといい、週末の座席予約状況から、今後興収100億円突破は確実のロケットダッシュを切った。
 舞台挨拶には緒方恵美(乙骨憂太役)、花澤香菜(特級過呪怨霊・祈本里香役)をはじめ、小松未可子(呪具使い・禪院真希役)、内山昂輝(呪言師・狗巻棘役)、関智一(突然変異呪骸・パンダ役)、中村悠一(最強の呪術師・五条悟役)、櫻井孝宏(最悪の呪詛師・夏油傑役)が勢ぞろい。公開日の12月24日は最悪の呪詛師・夏油傑が大規模呪術テロ“百鬼夜行”を決行する日。その舞台となる新宿でのイベントに、駆けつけたファンは温かい拍手を送っていた。
 原作者・芥見下々が本編連載前に短期集中連載で発表した前日譚「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」(通称“0巻”)をベースにした物語。アニメ版に初めて本格登場する高校生の乙骨憂太が、事故死をきっかけに呪霊化した幼なじみ・里香の呪いを自らの手で解く決意をし、“呪術師”を育成する教育機関・東京都立呪術高等専門学校に転入する。全国418スクリーン(通常版379館、IMAX39館)で封切り。午前0時から全国58スクリーンで実施された最速上映には、約1万5000人が来場した。人気バンド「King Gnu」の新曲「逆夢」がエンディングテーマに起用されている。
緒方恵美はTOHOシネマズ新宿での最速上映に立ちあっていた 緒方はTOHOシネマズ新宿での最速上映に立ちあったといい、「エンディングだけですが、こっそり拝見しました。横から覗いていたら、たくさんの皆さんが泣いているのが見えて、うれしくありがたく思いました」と安どの表情。自身は新キャストとして、劇場版に命を吹き込み「一番の新参者ですし、少し難しい役柄。コロナ禍の制約もあり(アフレコの過程では)はっきりとした手応えは残せていなかった。完成した作品を初めて見て、『つながって良かった』と思えた」と満足そうな表情を浮かべた。
 「呪術廻戦」の魅力は、「ご覧の通り個性豊かな役者が際立ち、キャラクターが立った面白い群像劇になっているところ。芥見先生にとって、これが最初の連載だとは思えないほど」と分析し、役どころについては「乙骨はポンコツでしたが、自分の力で“上がっていく”存在。その先にようやく仲間ができる姿は、わたし個人の社会人としてのありかたにも似ている」と感情移入していた。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着