「リーマンズクラブ」に福山潤、内田
雄馬、八代拓が出演 Novelbrightの
OP主題歌初披露の第1弾PVなど公開

(c)Team RMC/サンライトビバレッジ広報部 バドミントン実業団選手の青春を描くオリジナルテレビアニメ「リーマンズクラブ」に、福山潤内田雄馬、八代拓の出演が決定した。オープニング主題歌を5人組みロックバンド「Novelbright」が担当することも明らかとなり、第1弾プロモーションビデオとメインビジュアル、放送日程なども公開されている。
 同作では、トラウマによりスランプに陥った元天才バドミントン選手の白鳥尊(しらとり みこと/CV:榎木淳弥)が、再起をかけて入社したサンライトビバレッジで、豪快な先輩社員の宮澄建(みやずみ たつる/三木眞一郎)とペアを組み、再び夢を追っていく姿を、サラリーマンとしての日常とスポーツ選手としてのドラマの2面から描く。
 福山は、男子バドミントンダブルス世界ランク2位の実力者で、ユニシックスに所属する霧島隼人役を担当。内田は、ダブルス世界ランク1位の圧倒的な実力を誇り、兄である隼人との対決にこだわる、ミツホシ銀行の所属選手・霧島琢磨役を務める。八代は、中学高校時代の尊の親友で、当時はダブルスも組んでいた、トマリ運輸所属の立花梓馬(たちばな あずま)を演じる。
 「Novelbright」が歌うオープニング主題歌タイトルは「The Warrior」。同バンドにとって初のアニメタイアップ楽曲となる。
 「The Warrior」の音源初公開となる第1弾PVは、建が“バドリーマン”の概念について熱く語るシーンからスタート。建と出会った尊が再起への道を歩みだしていく姿が描かれ、今回キャストが発表された3人の新キャラクターも登場する。メインビジュアルには、就業後に練習へと向かう、尊たちサンライトビバレッジに所属する“バドリーマン”5人の姿が描かれている。
 放送は、1月22日深夜1時30分からテレビ朝日系全国24局ネットのアニメ枠「NUMAnimation」内で始まる。CSテレ朝チャンネル1では22日深夜2時30分、BS朝日では28日午後11時からオンエアされる。
 そのほか、12月24日からは公式Twitterで、ボイスドラマ企画がスタートする。本編のシリーズ構成を務める内藤照子がシナリオを担当し、登場キャラクターの魅力を深堀りする内容となる。各話タイトルは、♯01が「先輩後輩の正しい距離感…?」、♯02が「YOUは何しにサンライトビバレッジへ?」となっている。
 以下に、福山、内田、八代、「Novelbright」からのコメントを掲載する。
【福山潤(霧島隼人役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
実業団バドミントンを通しての人間模様が描かれるスポーツ群像劇。
実際の試合でも目で追うことが難しいほどのハイスピードな打ち合いが、アニメーションでどの様に描かれていくのかとても楽しみです。
Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
男子ダブルス世界二位ペアの選手ですが、モデルも兼業でやっているスター選手ということで、演じる身としてはまぁハードルの高い感じがいたしますが、隼人自身はバドミントンに真摯に向き合い、弟を意識しつつ自身を高めようとしています。
パブリックなイメージと実像との印象が良いバランスで演じられれば、と考えています。
【内田雄馬(霧島琢磨役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
サラリーマンが鎬を削り合い、バドミントンに挑む。頑張る姿に勇気がもらえる作品です。
個性豊かな登場人物が彩る人間ドラマと緻密なバドミントンの描写を楽しんでいただきたいです。
Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
霧島琢磨は、登場から圧が強くて最初怖い人だと思いましたが、バドミントンに対して並々ならぬ思いがある様子です。
主人公とは敵対するチームに所属していますが、その実力は相当なものです。強い意志を持つ彼をしっかり演じていきたいと思います。
【八代拓(立花梓馬役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
個人的にバドミントンという競技をやっていたこともあって、この作品に出会えて本当にうれしいです。日本バドミントン界の最高峰である実業団が舞台であるというのもすごく惹かれました。
また、会社員としての仕事や人間関係も描かれていて、作品の中に楽しめる要素が多く存在します。この作品を通してキャラクター達に対する気持ちはもちろん、バドミントンという競技自体にも興味を持っていただけたらうれしいです。
Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
梓馬はとても真面目な性格で、バドミントンに対しても人に対しても真摯に向き合う人間だと思います。尊をバドミントンに誘うところからも、彼の優しさやバドミントンへの愛を感じました。
尊の元パートナーという過去があり、そこでのできごとをお互いに背負っているという部分もあるので、そういった尊への気持ちをしっかりと表現できればなと思いますし、作品を通してバドミントンの面白さが少しでも伝わったらいいなと思います。
【「Novelbright」Vo.竹中雄大(オープニング主題歌)】
「Novelbright」にとって初めてのアニメソング。
信念を持って生きること。どんなに負けたり失敗をしようとも、自分を信じて己の力で切り開いて行け。自分の存在価値を決めるのは自分自身だ。 そんなメッセージをこの曲に込めました。
なかなか攻めたロックな曲、そしてこのアニメにピッタリな曲ができました。
ぜひアニメと楽曲両方を楽しんでいただければと思います。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着