「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した関ジャニ∞ (C)NHK

「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した関ジャニ∞ (C)NHK

関ジャニ村上、紅白の司会は諦めず 
「松本潤の大河にねじ込んでもらおう
かな」

 大みそか放送の「第72回NHK紅白歌合戦」。10年連続出場となる関ジャニ∞(横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義)が28日、東京都内で行われた、紅白のリハーサルに出席し、報道陣の取材に応じた。
 今年は「Re:LIVE」を披露する関ジャニ∞。丸山は「ありがたいです。『Re:LIVE』という曲、ファンの方と一緒に作らせていただいた歌詞を紅白で歌えるのは、自分たちとしてもうれしいし、関ジャニ∞を知らない方にも、この歌詞を届けられたらなという気持ちです」と語った。
 一方、毎年、紅白の司会を狙っていると公言している村上は、リポーターから「今年も司会は…」と聞かれると、「そこイジります? 立候補していたのですが、残念ながらあと1歩のところで…」と苦笑した。
 “敗因”については、「やはり朝ドラと大河に出ていないという、僕のキャリアの至らなさが全てかな」と分析しつつ、「松本潤の大河(2023年の『どうする家康』)にはねじ込んでもらおうかなと思っているので」と冗談めかして笑わせた。
 村上は「なので2022年は俳優業にまい進させてもらって、23年は大河、そして紅白という流れを自分の中で描いております」とプランも発表。「岡田(准一)くんも出るという発表がありましたけど、僕もしっかり松潤を支えられるように」と勝手に語った。
 また、「今年の漢字1文字」をそれぞれが発表。横山は「始」、丸山は「全」、大倉は「生」、安田は「声」と、理由も合わせて答えた。
 最後の村上は「再生とか再開の『再』。ツアーも無事に再開できたし、皆さんとの再会、エンタメ界の再生にも向かっていると思うので」と回答。
 そして、「司会に再チャレンジということで」とさらなる理由を挙げ、「これはNHKさんが使うまで言い続けていこうと思っています」と笑わせた。

アーティスト

エンタメOVO

新着