のん、最初で最後となるZepp Tokyoラ
イブを開催 オフィシャルレポート到

のんが12月25日(土)にZepp Tokyoにて有観客ライブ『のんザウルス in Zepp Tokyo 1st Last LIVE』を開催した。本記事では同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

のんが12月25日(土)にZepp Tokyoにて有観客ライブを開催した。のんは、新型ウイルス感染症が広がり始めた昨年2月、自身が主宰する音楽フェス『NON KAIWA FES vol.2』を断腸の思いで無観客形式での開催を決断。同年5月からはギタリストのひぐちけいと共に、無観客配信ライブ『のんおうちで観るライブ』をスタート。いつか、お客さんの前でライブ活動再開が実現するのを待ちながら、これまでに13回もの無観客配信ライブを行ってきた。感染症の状況がようやく緩和されたこの時期、のんの元に僥倖が届く。2022年1月1日に閉館するZepp Tokyoに空きが出たのだ。Zepp Tokyoは、のんが音楽を始めた頃から目標にしてきた会場。偶然とはいえ、その夢が遂に実現することになった。かくして開催に至ったのんの最初で最後の“Zepp Tokyo” ワンマンライブ。メンバーは盟友ひぐちけいに加え、今年5月の『おうちで観るライブ』以来、のんのサポートには欠かせなくなったベースのなかむらしょーこと、ドラムのナガシマタカトが参加。盤石の体制で臨んだ初の“Zepp Tokyo” のステージがいよいよ始まる。
のん
開演時間になると、会場にはズシンズシンと地響きが鳴り渡る。ステージに貼られた煙幕に、シャドーで浮かび上がったギターを持った恐竜(これが"のんザウルス"か?)が、足を踏み鳴らす。続いて爆音のディストーション・ギターがかき鳴らされバンドが演奏を始める。煙幕が鮮やかに降ろされると、ステージにはメンバー4人がそれぞれのポジションで構える。のんの真っ赤なテレキャスターがイントロを爪弾くと1曲目がスタート。ゾクゾクするほど、かっこいいオープニングだ。
のん
この日ののんの衣装は、左右の袖がタータンチェックとストライプ、胸元には大きな白いリボンに、フラワー・プリントのパンツ。そして背中には大きな恐竜の尻尾!パンキッシュでアヴァンギャルドながらキュート。コメント欄にも『かわいい!』と称賛が並ぶ。客席をじっと見据えながら、真摯な姿勢でマイクに向かうのんの姿は実に凛々しい。久しぶりの有観客ライブということもあって、幾分か緊張しているように見える。まずは4曲を立て続けに演奏し、ここでのんは衣装替え。今度は右に黄色、左に赤の大きなリボンがついたグリーン・チェックのジャケットを羽織って登場。この日の観客には入場時、のんからのクリスマス・プレゼントとしてミニ・タンバリンが配られた。声を出せない代わりに、タンバリンを鳴らして欲しいというのんからの気持ちだ。観客と共にタンバリンの叩き方の練習を経て、次の「僕は君の太陽」で、のんはハンドマイクに持ち替え、花道まで出てきてタンバリン・アクションを実践し客席と一体感を作っていく。
のん
「ゆっくり飛んでけ」は近田春夫のアルバムにのんが描き下ろした曲。セルフ・カヴァーは、この日が初披露。身体を大きく揺らしながら客席を煽る。この頃になると、オーディエンスとの呼吸や間合いも取れてきて、のんの表情もリラックスしてくる。「ノンノン・ソング」はカジヒデキが、のんをテーマに書いた楽曲。カジヒデキのアルバム『GOTH ROMANCE(2019)』に収録され、のんはデュエットでも参加した曲だが、ライブで披露するのは、この日が初めて。前半はアップチューンのロック・テイスト楽曲が並んだが、こちらはキュートでポップなナンバー。ここからはカバー・コーナーとなる。「プン・プン・プン(オコリンボ リンボ)」、「I LIKE YOU」はのんが敬愛する忌野清志郎RCサクセションTHE BLUE HEARTSの「キスしてほしい」は昨年公開された主演映画『私をくいとめて』とコラボしたマルコメ恋愛発酵学会CM曲。原曲と違ったスロウテンポのアレンジでしっとりと歌われ、KIRINJIの「エイリアンズ」もかつてCMでのんが歌ったヴァージョンでの披露。透き通るような声を場内に響き渡せ、オーディエンスもじっと聴き入る。照明も幻想的な風景を作り出す。
のん
まもなく閉館するZeppTokyoでライブが出来たことをのんは『奇跡が起きた!』と改めて、その喜びを噛みしめる。ここでのんは冒頭に登場した恐竜の尻尾を背中に装着。『ZeppTokyoで尻尾をつけるのも今日で最後』と感無量気味に話し、ZeppTokyo終わらなきゃいいのに、時間が巻き戻ったらいいのにタイムマシンでもあったらいいのに、と「タイムマシンにおねがい」に鮮やかに繋げる。 2017年に発表したデビュー・カセットに収められた楽曲で、これまで数え切れほど、演奏してきただけに、実に堂々した歌いっぷりで客席を圧倒。「こっちを見てる」は自身が主宰する『NON KAIWA FES vol.2』が感染症拡大を受け、無観客開催を余儀なくされた際、のんが怒りを込めた書いた楽曲。あれから1年10ヶ月。ようやくオーディエンスを入れた状態でライブが開催されたこの日に、この曲を歌えることに特別な思いがあったことであろう。
のん
続いて、スクリーンにはのんが監督・主演を務め、来春2月25日に劇場公開される映画『Ribbon』のトレーラー映像が上映される。この映画は、劇伴をひぐちけいが担当。ベースのなかむらしょーこ、ドラムのナガシマタカトもサントラに参加した。主題歌はサンボマスターが本映画のために描き下ろした「ボクだけのもの」。本編最後はこの曲を、このバンドでカバー。もちろん初披露だ。女性ボーカルでコーラスも入ると、サンボマスター版とは違ったパワー・ポップ感が増す。エンディングの”La La La...”では場内総立ちとなり、コーラスに合わせ心の中で歌う。歌いきったあとの、のんの「ドヤ顔」がかわいい。
のん
いつものコンサートだと、ここでアンコールを求めて大きな声が場内に響き渡るが、今日のライブは声出し禁止。ここで観客は思わぬ行動に出る。入場時に、のんからのクリスマス・プレゼントと配られたタンバリンを「ア・ン・コ・ー・ル」のリズムに合わせて叩き始めた。これはたちまち客席中に伝播。賑やかなタンバリンでのコールとなった会場に、のんとひぐちけいのふたりがニコニコしながら登場。花道ステージの最前方まで進み、ふたりでオリジナルの「クリスマスソング」を演奏。続いて、バンドのメンバーふたりが加わり、ラストはのんのライブで、ここそ!というタイミングで演奏される鉄板メロコア・ナンバー「わたしは部屋充」を声の限りに歌い、広いステージを右に左にそして花道にと動き回り、オーディエンスの熱気に応えていく。そして『良いお年を!じゃあね!』と客席に別れを告げてステージを降り、全21曲、120分に及んだ有観客ライブは終了。この日のライブは、2022年1月2日(日)23時59分まで見逃し視聴可能となっている。
のん
のん

撮影=南賢太郎(FOCUS STUDIO

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着